HOME > トピックス > 10ページ目

トピックス 10ページ目

社会科地理講座~郷土料理の旅~

8日、15日と自由が丘校では「社会科地理講座~郷土料理の旅~」を実施しています。

周遊1.JPG 周遊2.JPG
 
これは架空の旅行会社「鉄能会観光」の旅行バスに乗って、東京・神奈川・千葉の南関東3県を巡りながら、それぞれの地域の地理、そして郷土料理をクイズ形式で学んでいくイベントです。昨年大好評だったのを受け、今年も実施いたしました!

生徒たちは皆、まるで実際に旅行をしているかのような感覚で、クイズに取り組んでいきます。

「深川めしって、何を材料にするんだろう?そういえば東京湾が近いなあ。」(東京パートにて)
 
「横須賀の海軍カレーは、毎週何曜日に食べるの?でも何で食べる曜日が決まってるのかな?」(神奈川パートにて)
 
「九十九里浜の、ひしこ押し寿司に使われている魚ってなんだろう?」(千葉パートにて)
 
知識の暗記ではなく、解答に必ず理由がありますので、生徒たちは必死に頭を使います。
そして身近なものがテーマですので、皆楽しそうに問題に取り組んでおりました。
正解発表の場面では、ガッツポーズがでるほどです(笑)
間違えてしまった子も、しっかりとメモを取っておりました。

全問終了した後に、成績優秀者には正解数に応じて素敵な学習グッズをプレゼント!
最後まで大盛り上がりでした。

帰ってからも保護者に自慢げに話をしたとのこと。(後日談)
楽しんで取り組んだものは深く記憶に残ることでしょう。

さて、せっかくですからこの記事を読んでいる皆さんにも問題です。

鎌倉にある建長寺の修行僧が作ったのが名前の由来と言われている、冬に食べると特に美味しい料理は何でしょう?
 
答えを知りたい人は、ぜひ次回、22日(日)の回にお申込みください!
時間は9時10分から10時30分まで。80分間のわくわく大旅行です。

九品仏校・自由が丘校
副室長 廣澤達也
講師写真(廣澤).JPG





『謎解き探偵団』を実施しました

4/15(土)の午前中 小学4年生を対象とした特別講座『謎解き探偵団』を実施しました。
3月にも実施したところ、あまりに好評だったので早速第二弾を行いました。
(5月には第三弾も実施予定です。4/21は5年生編も実施です!)

180415①.bmp

『謎解き探偵団』の主な目的は
「子どもたちに思考の仕方(条件整理・段取りなど)を学ばせ、能力そのものを向上させること」です。
子どもたちは謎解き感覚で学習しますので、楽しみながら集中して思考していけます。

180415④.JPG

ストーリー仕立ての構成で、所々に「謎」が登場します。
「謎」の種類は多岐にわたり、文系・理系に偏ることなく、幅広いジャンルからパズル問題や思考系問題が続々と出題されます。
子どもたちは探偵になった気分で、事件や謎を解決していくという流れです。
子どもたちは「次は何だ?」「今度はどんな謎?」と実に楽しそうに解き進めています。

180415②.bmp

参加した生徒の中には分析力や洞察力、推理力に長けている子もいました。
普段の授業とは違った雰囲気や場面の中で、一人ひとりの思考傾向や特性が見て取れます。
こうした分析も今後の学習指導や、育成方針に活きてきます。

180415③.JPG

青葉台校では毎週土曜・祝日の午前中は『特別講座』を実施しています。
コンセプトは『楽しくアタマをフル回転させる』そして『知らず知らずに賢くなっていく』です。

鉄能会生ではない一般の方も参加が可能です。奮ってご参加ください!
青葉台校 青木 隆一
青木上半身秋版1.JPG

速読講座、実施中!

DSC_0464.JPG DSC_0463 (3).JPG


鉄能会では昨年度より、日本速脳速読協会「みんなの速読」を導入しております。
※正会員のオプション講座となります

速読講座とは、文字通り「速く正確に読む能力を鍛える」トレーニングを積んでいくものです。
iPadを使って、1回30分×月4回のカリキュラムをこなしていきます。

主なトレーニングは、次の3つです。

①「オートトレーニング」
読解が苦手なお子様は、文章を「面」ではなく「点」でとらえている傾向があります。
そのため、要所を読み飛ばしてしまい、文章の流れが正確につかめません。
また、記述問題を解く際に、飛び飛びの箇所から語句を引っ張ってしまうため、解答が支離滅裂な内容になりがちです。
文章を「面」でとらえる練習を積むのが、この「オートトレーニング」です。


②「解くトレーニング」
読解形式の問題を解くものです。
この中に組み込まれている「速解力チェック」は、表示された短文を記憶し、その記憶を元に問題を解き進める、いわゆる「短期記憶力」を鍛えるトレーニングとなります。
「短期記憶力」に長けているお子様は、設問を見れば「ああ、あの辺に書いてあった内容だな」と瞬時に思い出せるので、文章に戻る際のタイムロスがほとんど生じません。


③「能力トレーニング」
ゲーム感覚で、記憶力やイメージ力を更に上げていきます。
ゲームといっても、思考力を働かせないと解けないものばかりです。


いかがでしたでしょうか。
速読講座は、ゲーム感覚で出来るものも多く、楽しみながら進めることができます。
速読の能力は、あらゆる科目の大きな武器になります。
正会員の方は無料体験もできますので、是非お問い合わせ下さい。

国語科責任者 千勝佑子
1500769681650.jpg

子どもの癖を見抜く~パズル講座より~

本日はパズル講座を実施しました。小3・4対象です。
0408-2.JPG

パズルは「学習=楽しい」を実感できるとてもよいものです。
集中しますし、頭もよく使います。夢中になって解いている様子がよくわかります。

そして、子どもは夢中になると「癖」が出てきます。
足をブラブラさせたり、椅子をカタカタさせたり、体の軸がずれてきたり。

中学受験は長い時間学習をしたりもしますから、疲れない学習の仕方や姿勢を身につけさせたいところです。
中でも注目したいのは「鉛筆の持ち方」です。

学習時に常に使うものですから、鉛筆の持ち方は重要です。
持ちやすいからといって変な持ち方をしていると、疲れるのが早くなり、集中力が続かなくなります。
また、字が汚い子の多くは鉛筆の持ち方が悪いです。

本日も鉛筆の持ち方が悪い生徒がおりました。
0408-1.JPG 0408-3.JPG

やはり、後半は疲れた様子で手をブラブラさせていました。
もちろん正しく持つように指導しておりますが、癖というものはなかなか抜けないものです。
塾だけでなく、家庭でも指摘してあげるように保護者にも共有しております。

大事なことは放置しないことと継続して指導し続けることです。
癖ですから、放置するとまた元に戻ってしまいます。

継続して指導するには、普段からこのようなことを意識しているかということも周囲の大人には求められます。
我々が学生アルバイトを雇わないのは、小学生を相手にしていることを理解したプロとしての視点(経験)が必要だからです。

子どもを伸ばすために、我々はこのようなことを考えながら指導をしております。
他にもたくさんありますので、どんどんご紹介していきたいと思います。

今後のイベント予定につきましては、ホームページのイベント欄をご確認ください。

九品仏校 教室責任者 宮田亮
HP顔写真[たて]【宮田】.jpg

自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
写真【池本】.jpg

本日より通常授業、再開!

このたびは、ご進級おめでとうございます。
鉄能会では、昨日で春の講習が終了し、本日より通常授業が再開いたします!

そしていよいよ、全校舎対抗・小テストランキングも再開となります。

鉄能会では毎週4科の小テストを実施しています。
全校舎のランキングが毎週はりだされるので、子どもたちは一喜一憂しております(笑)

DSC_0436 (1).JPG DSC_0437.JPG DSC_0435 (1).JPG

さて、写真は、2・3月の総合得点ランキングにて、見事上位にランクインした小5の生徒です。
クラス全員の前で、豪華景品を手にした感想や、上位をキープするコツを鼻高々に語ってもらいました(笑)
今回、惜しくも上位とはならなかった子どもたちも、闘志を燃やしていましたよ!

今回のランキングからは小4も参戦します!
次の覇者は一体だれになるのか?私達も楽しみにしております!

鷺沼校 副室長 千勝佑子
1500769681650.jpg

国語の成績を上げるには?③

春の講習も、終盤に差し掛かっております!

写真は、先日満開となった鷺沼校前の桜並木です。
上から見る風景も、圧巻ですね。

DSC_0434 (1).JPG


さて、国語の成績に伸び悩む主な原因として、先日(3/9)の記事にて以下の3つを挙げました。

①語彙力の不足
②一般常識力の不足
③国語の解法が身についていない

今回は③について述べて参ります。

算数と同様、国語にも解法があります。
しかし、他塾の授業では、解法ではなく、文章の読み合わせに多く時間を割くスタイルもあるようです。
残念ながら、それでは問題を解けるようになりません。

文章の内容理解が深まったところで、全く同じ文章が入試に出ることはまれです。
その問題が解けるようになっても、他の問題が解けなければ意味がありませんよね。

また、入試問題では、筆者ではなく出題者の意図を読み取ることが必要です。
文末表現、条件、字数制限、解答欄の大きさ、選択肢の内容など、全てに出題者からのメッセージが含まれています。
鉄能会の国語では、これらを「解法」として子どもたちに伝授し、あらゆる文章への対峙力を鍛えていきます。

そして、記述に関しては、部分点の貰える条件が決まっています。
それを習得するためには、細かい添削指導が必須です。
記述の自己採点や、漠然とした採点(△なのに減点理由が不明など)は効果が無いのでやめましょう。

当然、読解力・語彙力に長け、解法もマスターしていれば文句ナシですが、
読解が苦手なお子様でも、解法を身に付け、志望校の出題パターンを習得することで、手が届く可能性があるということです。

鉄能会の授業は無料体験が出来ます。
ご興味のある方は、是非お問い合わせ下さい。

鉄能会 国語科責任者 千勝佑子
1500769681650.jpg

『1点』へのこだわり

春の講習期間中、6年生は毎日漢字テストを行っております。
DSC_0346.JPGのサムネイル画像

2、3月の通常授業でも行っていましたが、そのときはほとんどの生徒が60点満点中55点から58点という結果でした。
良く言えば全体で9割以上の得点率ですのでなかなか優秀なのですが、言い換えると誰も満点を取れていません。

そこで今回は一工夫。
「男子vs女子のチーム戦」を生徒たちに持ちかけてみました。
全員がテストを受けますが、代表者同士での得点による勝敗がチームの結果としてカウントされます。
いざ勝負事となると、全員目の色が変わり一気に学習への集中力が高まったようです。

さて、昨日までは一騎討ちでの勝負でしたが、本日はチーム総得点での勝負としてみました。
DSC_0352.JPG

ちなみに、男子の方が1名多いので男子のトップの点数を除いた4名vs4名での勝負です。
平均を取る方法や男子3位を除く方が公平な様に思えるのですが…
生徒にこの勝負方法を伝えたらなんと、
「全員で満点取れば関係ないじゃん!」
という頼もしい返事が返ってきました。

テストを受け答案返却です。
DSC_0350.JPGのサムネイル画像

結果は女子チームの勝利でした。
DSC_0351.JPG

結果発表の後、ある生徒に話を聞いたところ、
「今日は良くなかったよ。59点だもん。」
とのこと。

実はこの生徒は以前58点を取った際、クラストップだったと喜んでいた生徒です。
今回は以前よりも高い得点だったにも関わらず、反応は真逆です。
取り切れない点数に悔しがる姿勢や、皆から自然に出てきた「全員で満点」の発言など、徐々に満点への意識・意欲は高まっています。

入試本番では合格点付近に多くの受験生が集中します。
その際に合格・不合格を分けるのは『1点』へのこだわりです。
詰めの甘さで泣くのか、しっかり取り切って笑うのか。
早い段階での意識改革で『闘う受験生』へと変貌を遂げます。

このように生徒の意識を「楽しく」変えていき、ストレス回避の授業を展開することが鉄能会のモットーです。
鉄能会の授業に興味がございましたら、是非HPよりお問い合わせ下さい。

練馬校 副教室長
門倉 紘一郎
門倉写真.JPG

「解き直しノート」作成の習慣 ~受験体験記より~

鉄能会、鉄能会NEOにおいては「解き直しノート」の作成を行っています。
以下の写真は卒塾生が作成したノートの一部です。

20180331①.JPG 20180331②.JPG

20180331③.JPG 20180331④.JPG

ここで、卒塾生に書いていただいた「受験体験記」を紹介したいと思います。

--------------------------------------------------
【本人】
漢字の小テストは毎日、満点を取るまでやっていたので、漢字は少しずつできるようになってきました。自力で解決できない問題が多く、効率的な解き方が求められる算数は、個別指導や自習の空いている時間に質問することが大切だと思いました。もちろん、先生方は空いている時間に気軽に質問に応じてくれて、分かるように説明してくれました。
6年生の後半は「毎日塾に行く」というのが当たり前になり、「週7日通う」のがいつの間にか苦ではなくなっていました。
「解き直しノート」は次に自分が見た時に、間違えた所がすぐに分かるように書いていきました。先生がしっかりと確認しているので良い刺激になったと思います。後輩の皆さんも、「良いノート」を作っていってください。

 
【保護者】
娘は5年生の夏前に転塾しました。以前の塾では授業を受けても理解しておらず、出された大量の宿題をこなすため、一から家で教えていたので親の負担もかなり大きなものでした。親子共に疲れきっていましたし、何のために塾に通わせているのか疑問を覚え転塾に踏み切りました。
鉄能会や鉄能会NEOでは過去問だけでなく様々なテスト・問題を先生が採点し、子供が理解して自力で満点がとれるまで4回でも5回でも小テストの演習をやらせてくれるのが良いと思います。答えを教えてしまった方が楽で早いです。ただし、子供の成長を重視して、手間をかけて子供に考えさせてくれます。これは親だけでは難しく、ここまでしてくれる塾は他にはないと思います。
また、入塾して間もない頃は何をどう書いていいのか分からなかった「解き直しノート」ですが、6年生後半のノート作りはとても分かりやすいものに、目に見えて変わりました。この「ノートを作る力」は中学に入ってからも役立つものだと思います。他にも、自分でスケジュールを立てる力、自分から質問する力は鉄能会や鉄能会NEOで身につけられたと感じています。

--------------------------------------------------

保護者の方のお言葉の通り、5年生の6月に鉄能会鷺沼校に転塾しました。その後、6年生の3月、鉄能会NEOたまプラーザ校の開校と同時に、鉄能会NEOの指導形態が適しているとの判断から、たまプラーザ校にて学習を進めていきました。

鉄能会、鉄能会NEO共に6年生後半での過去問演習を室長管理の下で行い、合わせて「解き直しノート」も作成し、室長を中心に担当講師が確認していきます。
 
ノートの作成には「時間がかかる」という印象が強いですが、解き直しには「時間をかけてよい」「時間をかけるべき」と考えています。
 
そして、ノートの作成を他の人(この場合は室長、担当講師)が確認するツールも必要です。
 
4月からは外部模試もあり、仮想中学入試も予定しています。
多くの鉄能会、鉄能会NEO卒塾生と同様に、解き直しの習慣をつけて、中学受験に挑戦していきます。
 
その他、中学受験に関することでお悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。

鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

「質問」の積み重ね ~受験体験記より~

鉄能会NEO 2年目の春の講習、前半が終了しました。
各生徒、中学受験に向け、課題克服、学力向上を狙いとして学習に励んでいます。
20180327①.JPG 20180327②.JPG

ここで、前回に続き、卒塾生に書いていただいた「受験体験記」を紹介したいと思います。
(今回は生徒本人のみです。)
------------------------------------------------
過去問演習を塾で行い、そして先生が採点してくれるので、適確に過去問演習を進めていくことができました。そして先生の採点(添削指導)から、自分のミスを少なくすることができたことはとても良かった。記述問題を厳しめに採点してくれます。
また、先生は忙しい時でもなるべく質問できるようにと時間を空けてくれました。そのおかげで、苦手な教科・単元が影響することなく受験を終えられました。
(以下、後輩へメッセージ)
社会と理科は範囲が広く、入試で出題されない事項もありますが、決して無駄にはなりません。「覚える」という努力を重ねていくことで「力」になります。国語と算数は積み重ねが大切です。今結果が出ていなくても継続していけば上がっていくので、今できることをしっかりと積み重ねる必要があります。

------------------------------------------------

鉄能会・鉄能会NEOの算数の解き方は解説には載っていません。
その算数を中心に、講師に質問する場面も目立ちました。
上記のような各教科の学習における「覚える」という努力が第一ですが、質問(講師とのコミュニケーション)の積み重ねも算数の学力向上につながっていたと強く感じています。

「後輩」の皆さん、先輩に続いて、楽しんで学習を進めていきましょう!!

その他、中学受験に関することでお悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。

鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

春の講習、始まっています!

DSC_0405.JPG DSC_0406 (1).JPG DSC_0408.JPG

3/22より春の講習がスタートしております!

学校が長期休みに入ると、生活リズムがどうしても崩れがちになります。
講習期間中、自習室は朝から開いておりますので、積極的に活用して下さいね!

さて、鉄能会には通年、集団と個別の指導形態がございます。
受講パターンについては、お子様の状況を見て、随時アドバイスさせて頂いております。

春の講習ではテーマ別の個別指導を設定しておりますが、多くの生徒が受講しております。
苦手単元の克服や志望校対策など、目的は様々です。
そして、集団+個別の併用、集団指導のみ、個別指導のみと、受講パターンも生徒によって異なります。

さて、一教室内で様々な組み合わせを選択できることは、中学受験の学習において大きなメリットがあります。
講師陣がお子様の状況(能力や性格)を常に把握しておりますので、教科やタイミングについても最良のアドバイスが出来るのです。

例えば、算数の文章題が苦手な生徒がいたとします。
しかしここで、「算数の個別指導を追加した方がいいですね」という安易な提案はしません。
読解力不足に原因があった場合、むしろ算数よりも国語を強化した方がよいからです。

鉄能会の「春の講習」では、無料体験キャンペーンを実施しております。
※原則、ご参加前に本人分析を実施させて頂いております
ご興味のある方は、是非お問い合わせ下さい!

鉄能会 鷺沼校副室長 千勝佑子
1500769681650.jpg

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。