HOME > トピックス > 自由が丘校 > 休み時間の過ごし方~春の講習より~

トピックス

< 自習にテーマ設定を  |  一覧へ戻る  |  理科・社会の土台作り >

休み時間の過ごし方~春の講習より~

春の講習が始まりました。
毎年、新学年になって初めての講習で、特に自由が丘校は他の校舎と違い、新しい校舎での初の講習ということになります。
子どもたちは最初からテンションが高いです。
夕方からの授業にも関わらず、午前中から自習に来て一生懸命学習しております。
自習室は満席になってしまいました。
今年の6年は一味違うかも・・・。

さて、講習中は長い時間一緒にいますので、授業だけでなく休み時間の過ごし方にも気を配ります。
休み時間だからといってダラダラ過ごすのは良くありませんね。
お昼休みなどは結構長い時間ありますし。

そこで鉄能会には休み時間でも頭を動かすためのアイテムが常備されています。
人気ナンバー1は立体四目並べ。友達と対戦するのですが、勝つために必死です(笑)
0327j5.JPG 0327j3.JPG

他にも動物将棋やニュース関連の雑誌、紙面上で解く思考パズルなど様々なアイテムで休み時間も頭を使います。
0327j2.JPG 0327j4.JPG

強制されているわけではなく、自分から取り組むので楽しみながら頭を使えます。
楽しみながら頭を使うと能力が向上します。
あきらかに子どもの思考力が上がっていくのを実感しております。

ご家庭でも休憩の仕方を工夫して、お子様の能力向上を図ってみてはいかがでしょうか。
一緒にパズルをやってみるのをお勧めします!

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
写真【池本】.jpg




カテゴリ:

< 自習にテーマ設定を  |  一覧へ戻る  |  理科・社会の土台作り >

同じカテゴリの記事

前期特訓講座(日曜日開講)

小6専門館の自由が丘校では、月から日まで校舎を開室しております。
日曜日には全校舎から難関校を目指す生徒が集まる前期特訓講座(算数)が実施されています。

0316j1.JPG 0316j2.JPG
※写真は男子難関コースの様子

前期特訓講座では実際の入試問題(御三家・最難関校・難関上位校など)を題材に、ハイレベルな演習を経験していきます。
他の校舎の生徒と競い合うことで、普段の授業だけでは得られない刺激を受け、志望校合格に向けた意識が高まっていきます。

もちろんハイレベルなテクニックも習得していきます。算数は特に比の感覚が大事ですね。
比を活用すると難しそうに見える問題もとても簡単に解いていくことができます。

また、上位の問題になればなるほど思考力を求められます。
解法を覚えるのではなく「頭の使い方を学ぶ」ことが重要です。

授業中の生徒は真剣そのもの。今の時点でこれだけの集中力で学習していけることは、今後がとても楽しみです。
授業後は「もう終わったの?」「面白かった」「この学校の問題が解けた!」などの声がきこえ、満足そうな表情でした。

他塾にお通いの方もこの講座を受講可能です。
難関校を目指す生徒の挑戦をお待ちしております!
日程などの詳細はイベントページをご確認ください。

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
池本.jpg






全国学芸サイエンスコンクール 金賞受賞

普段から鉄能会では能力向上のため、様々な体験・経験をした方がよいと指導しております。
休日には科学館や博物館に行ったり、旅行をすれば歴史館や世界遺産などをめぐったり。
「学習=楽しい」は授業だけではありません。子どもの能力を伸ばしていくには、生活の中全てが学びだと思います。

さて、本題ですが、先日小6Sくんから1冊の本を手渡されました。
表紙には「全国学芸サイエンスコンクール金賞作品集」と記載がありました。
まさかと思い聞いてみると見事に金賞を受賞し、表彰されたそうです。

ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんので概要を公式HPより抜粋させていただきます。

※以下、公式HPより抜粋
旺文社主催/内閣府・文部科学省・環境省後援「全国学芸サイエンスコンクール」は全国の小学生・中学生・高校生の研究・アートおよび文芸の振興奨励と、青少年の個性の育成を目的に、各界各方面からご賛同とご支援をいただき、昭和32年(1957年)の第1回開催以来毎年実施しているもので、今年度で第62回を迎えます。日本全国はもとより海外の学校からも多くのご参加をいただき、昨年度第61回では13万点を超える作品のご応募をいただきました。
 今年度もサイエンスジャンル(理科系・社会科系の各研究分野)と学芸ジャンル(アート・文芸Ⅰ・文芸Ⅱ・環境の各分野)の2つの系統で作品を募集いたします。幅広く多様な分野に多くの部門を設け、児童生徒のみなさんがそれぞれの得意分野で制作した作品をご応募いただける総合コンクールとなっています。
 優秀作品には、内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞・環境大臣賞・分野賞のほか、協賛協力企業・団体より各種の賞が授与されます。



Sくんの選択した分野だけでも1万2000通の応募があったそうです。その中で金賞を受賞したことはかなりの偉業といえるでしょう。
満面の笑みで誇らしそうなSくん。他の生徒も興味津々で一緒になって本を見ました。

Sくんは夏休みに鉄道で世界遺産をめぐったそうです。これだけなら他の子もやっているかもしれませんが、Sくんの素晴らしところは親が連れて行ってくれたではなく、旅行の計画を全て自分で作成したことにあります。家族全員が納得し、スケジュールの管理も自分で行い、最終的にきちんとまとめて学習へと結びつける。この記事だけではそのすごさが伝わりきりません。

0309①j.bmp0309②j.bmp0309④j.bmp0309③j.bmp


このような経験は生きた学びになります。
ここまで大掛かりとはいわないまでも、日常生活の中でも少し注意して観察したり、意識的に行動したりするだけで子どもの能力は伸びていきます。

Sくんも「学習=楽しい」を体感したようです。
他の子もどんどんこのように積極的に学んでいってほしいと思います。

我々もご家庭の活動に負けないように「学習=楽しい」を追求していきます。

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
写真【池本】.jpg

鉄能会九品仏校 教室責任者 宮田亮
HP顔写真[たて]【宮田】.jpg

受験体験記②

受験体験記を掲載いたします。

<Kさんの受験体験記>
授業で繰り返し似た問題をやったことで定着しました。先生方が最後の最後まで熱心につきそって教えてくださったことが印象的です。
成績が上がったコツは、家でその日やったことを復習することです。疲れてしまった日もあったので、全体的にざっと見るだけでも効果はありました。私の中で一番重要だと思うのは、解説をしっかり全て書き写すことです。先生方の言っていたことも書くと、見直したときにとてもわかりやすくなり、自分で作った自分だけの参考書ができます。
最後にこれから受験をする方たちへ。絶対に最後まであきらめないでください。受験前日まで学力はのびます。後悔しないように全力を尽くしてください。大事なことは「自分を信じる」ことです。

<保護者様より>
受験を終えて今思うことは「あきらめないで本当に良かった!」の一言に尽きます。
学校の合格掲示板で番号を見つけたあの瞬間、娘の驚きと安堵の入り混じった満面の笑みと目の輝きは一生忘れません。
12才にして人生の大きな試練を乗り越え、自信を取り戻した姿は親への最高の贈り物です。
思うように成績が上がらず、苛立ちとストレスで何度心が折れそうになったことか。それまでの集団塾で大量の課題と宿題で消化不良に陥り、親子ともども自信喪失し、途方にくれていたところ、鉄能会に出会いました。先生方を信頼し、学習面を全てお任せしたことが勝因です。
のんびり屋の娘を温かく導き、心身ともにサポートしてくださった諸先生方、娘に勉強する楽しさを教えてくださいまして、ありがとうございました。

だるま0228.JPG

小6で転塾してきたKさんですが、入会当初は学習の仕方を教わっていないという状態でした。
子どもは大人の声がけに対して一生懸命応えようとします。しかし、「やり方」を教わっていないと無駄な努力をしてしまいがちです。
きちんと取り組めるように指導した結果、すばらしい成長を遂げたと思います。
今後も伸びていくことを確信しております。中学校でもがんばってください!

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
池本.jpg

鉄能会九品仏校 教室責任者 宮田亮
HP顔写真[たて]【宮田】.jpg



受験体験記①

先日、受験お疲れ様会を実施しました。
入試を戦い抜いた生徒たちを心より労いました。
各ご家庭から受験の体験記を頂戴しましたので、掲載いたします。

<Sくんの受験体験記> ※原文のままです
鉄能会の先生方が生徒一人ひとりにわかりやすい指導をしていただいたので成績が上がりました。
問題が分からなかったときに質問をすると、少しずつヒントを出してもらい、最終的には問題が解けるようになっていました。
これから受験する人たちは難しい問題が出たとしても諦めず一所懸命に取り組めば合格を勝ち取れることを覚えておいてください。

<保護者様より> ※原文のままです
小5で転塾をした時、先生にお願いをしたことがありました。
受験が終わった時、勉強が楽しかったと思えるようにしたいということです。
一生懸命に目標に向かって頑張れたと思わせてやりたかったからです。

今回、全ての結果が出た時、第一志望校にご縁がなかったのに、本人から出てきた言葉は「後悔はないし、やりきれた。受験勉強は楽しかったよ。やらせてくれてありがとう」というものでした。
その言葉が聞けたことで、結果はどうあれ今回の受験は成功だった!と思えました。
そして約束どおり導いてくださった先生方にとても感謝しています。

模試の結果で不安になることもありましたが、その度に子どもの状況を教えていただき、気持ちが前に向けるようにしていただきました。
親の私の気持ちが安定していることが勉強にとっても良かったように思います。
二年間、一緒に子どもたちのことを見守っていただき、ありがとうございました。
また迷ったり、悩んだりしたときは相談にうかがうかもしれません。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

0223j.bmp ← 受験体験記原文


Sくんはこの1年、誰よりも努力しており、成長著しいものがありました。
何より学習を楽しんでいたのが印象的でした。
多くの生徒をSくんのような状態にしていきたいと強く思います。

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
写真【池本】.jpg

2019年度 新学年スタート

新学年がスタートしました。

自由が丘校は小6専門館ですので、九品仏校の小5が小6時に移籍する形となります。
子どもたちは新しい校舎、新しい講師で少し緊張気味。
同時にとても楽しみにもしていたようです。

校舎が変わると新たな気持ちで学習に取り組めるようで、初回の授業は緊張感のある様子でした。
受験学年としてふさわしいスタートを切ることができたと思います。

これから人生初の大一番をむかえます。
ともに合格目指してがんばっていきましょう!!

DSC_0121.JPG 20181012②.JPG

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
写真【池本】.jpg

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。