HOME > トピックス > 練馬校 > 本番3日目&合格速報

トピックス

< 入試2日目  |  一覧へ戻る  |  入試3日目 >

本番3日目&合格速報

本日で入試3日目!

受験生にとっては疲れが出てきている頃だと思いますが、ここが踏ん張りどころ!
志望校突破目指して、全力で取り組め!

入試応援.JPG







入試応援②.jpg









☆★☆2月受験校 合格速報@練馬校☆★☆(2/3時点)

本郷
大妻
共立
東京女学館
田園調布学園
大妻中野
宝仙学園 特待
宝仙学園
城北
三輪田学園

※集団指導受講者のみ(9名)
※1校に複数名が合格した学校もあります。

★☆★☆鉄能会 練馬校 1月受験速報☆★☆★
大妻嵐山 
栄東 難関大
狭山ヶ丘
城西川越 総合一貫
城西川越 特別選抜
城北埼玉 特待
城北埼玉
西武文理 一貫

※集団指導受講者のみ(9名)
※1校に複数名が合格した学校もあります。

受験生の奮闘を応援しています!

鉄能会 練馬校 中桐 義博

カテゴリ:

< 入試2日目  |  一覧へ戻る  |  入試3日目 >

同じカテゴリの記事

本番2日目&合格速報

受験2日目!
今日も朝から快晴!
受験生たちが目標目指して試験会場入りしています

明中1.jpg









鉄能会の受験生も会場に突入!
自信を持って、問題に取り組むように!
明中2.jpg









さて、昨日の結果も続々と報告が来ています!

合格発表.JPG





☆★☆2月受験校 合格速報@練馬校☆★☆(2/2時点)

本郷
大妻
共立
東京女学館
大妻中野
宝仙学園 特待
宝仙学園
三輪田学園

※集団指導受講者のみ(9名)
※1校に複数名が合格した学校もあります。

★☆★☆鉄能会 練馬校 1月受験速報☆★☆★
大妻嵐山 
栄東 難関大
狭山ヶ丘
城西川越 総合一貫
城西川越 特別選抜
城北埼玉 特待
城北埼玉
西武文理 一貫

※集団指導受講者のみ(9名)
※1校に複数名が合格した学校もあります。

まだまだこれからです。
受験生の奮闘を応援しています!

鉄能会 練馬校 中桐 義博

本番開始!@練馬校

いよいよ本日から中学受験本番です!

学校.jpg









今朝は昨夜の雪がうそのような快晴!
その分寒かったですが、受験生たちの心は熱い!

本郷①.jpg









本郷②.jpg









少し緊張気味の受験生たちを見送りました!!
実力は十分!
人生で一度きりの中学受験を楽しんできてくれ!!


★☆★☆鉄能会 練馬校 1月受験速報☆★☆★
大妻嵐山 
栄東 難関大
狭山ヶ丘
城西川越 総合一貫
城西川越 特別選抜
城北埼玉 特待
城北埼玉
西武文理 一貫

※集団指導受講者のみ
※1校に複数名が合格した学校もあります。


鉄能会 練馬校  中桐 義博


がんばれ受験生!!@練馬校

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2019年になりました!
ということは、中学受験生にとってまさに本番直前!

この冬の講習も小6の生徒たちは朝から晩まで真剣に取り組んでいます!

syo62.JPG









この時期は「あと数点をしっかりとる」ことを念頭において各自問題に取り組んでいます。
あと数点を上げるためには、
①知識の抜けを埋める
②問題をしっかり読む
③きれいに書く
④見直す

という作業が必要です。
②~④は問題を解くときに意識することですが、①の「知識の抜けを埋める」はいつでもできます
練馬校の生徒たちはお昼の食事中に友達と社会の一問一答を出しあって知識の漏れを埋めています。
いい仲間たちですね。

syo61.JPG









残された時間はわずか、でもこの残り時間の使い方でまだまだ伸ばせます!
気を抜かずに自分を高めていきましょう!

鉄能会 練馬校 中桐 義博
中桐①.JPG

本日のイベント&校舎の様子@練馬校

<小6 仮想入試(過去問演習)&解き直しの様子>
9月に入り、6年生は毎日のように塾に来て、志望校の仮想入試(過去問演習)や実施した過去問の解き直しを行っています。
本日も朝からほとんどの6年生が自分のやるべきことを進めるために塾に来ていました。
shyou6.jpg
 









★小6対象 過去問演習★
中学入試では志望校の過去問演習が絶対に必要です。
しかし、多くの塾で「家で過去問を解いて、丸付けをして、得点を出し、塾に報告しろ」という課題を出しますが、家庭で過去問を解くのは、そもそも集中しにくいですし、さらに採点は各教科のプロでなければできるわけがありません。
また、過去問を解く意味は、自分の弱点を発見し、修正をかけていくことですが、それも自分では「何」を、「どこから」、「どのくらい」修正すればいいのかわかりません。
そこで鉄能会では志望校の過去問演習を塾が管理し、塾で実施し、講師が採点し、返却と同時に子どもたちにアドバイスをしたり、個別指導をしたりして、すぐに修正をかけていきます。無駄なく次に向けての勉強ができます。
もし、過去問演習で困っているご家庭があれば、一度鉄能会にご相談ください。

<【算数】小4パズル講座&早稲田大学附属系チャレンジ>
午前中、小3・4は「思考」&「試行」力を鍛える「パズル講座」と「早稲田大学附属系チャレンジ」を行いました。
中学受験ではひらめく力が求められます。その力は小3・4のうちに鍛えることが非常に大切です。
鉄能会では普段の授業だけでなく「パズル講座」というイベント講座でも頭を鍛えています。
★パズル講座・・・来週(17日 月・祝 9:30~10:30)も行いますので、興味のある方はぜひご参加ください。小3対象。参加無料

また、先週の「慶應大学附属系チャレンジ」に続き、「早稲田大学附属系チャレンジ」を行いました。
前述した通り、中学受験はひらめく力が必要です。
逆に言うと、ひらめく力があれば、小4でも難関校の問題は解けます。
今日参加した小4生も「早稲田大学の附属中学(実業、高等学院、早稲田)で実際に出題された入試問題に果敢にチャレンジしていました。
★「御三家チャレンジ」・・・来週(17日 月・祝 10:50~12:00)は「御三家」の問題にチャレンジします。小4集まれ!


<【社会】小4・5 社会科 郷土料理の旅 ~北関東編~>
本日の午後は小4・5を対象とした社会科の「郷土料理の旅~北関東編~」を行いました。
中学受験では常識力が問われます。
そこで、社会科としての常識力を高めるために、各地に伝わる郷土料理を学びならが、その土地の地形・歴史・現代の問題点などを理解する「郷土料理の旅」というクイズ形式のイベント講座を行っています。
本日は北関東編ということで、茨城・栃木・群馬について学びました。
飛び入りの小6の生徒もいましたが、一番正解数が多かったのは、なんと小4の生徒!お見事でした!
★「郷土料理の旅~南関東編~」・・・来週(17日 月・祝 13:00~14:30)は「南関東編」小4・5はぜひ受講を!

<小5 自習の様子>
鉄能会練馬校は学年を超えて交流があります。
そのため毎年この時期になると受験生(小6)が毎日塾に来て勉強している様子に触発され、小5の生徒たちも自習を始めていきます。
今日も、朝から自習に来ている生徒や、イベント講座に参加したあとにそのまま残って課題を進めている生徒が何名もいました。
小5の秋は学習内容も、お子様の精神的な面でも難しい時期を迎えます。
周りの大人がうまくサポートして、自信を持って6年が迎えられるようにしてあげたいですね。
syou5.jpg









鉄能会 練馬校 
教室長 中桐 義博
中桐①.JPG


辞書を引く習慣

先日、理科の授業で植物の絵を描かせて解説を行ったことがありました。その際、解説内容の吹き出しやマーカーの使い方など、ノートの出来がとても良い生徒がいたので、授業の最後で
「○○君のノートはシュウイツだよ!みんなもあとで参考にさせてもらうといいよ!」
と言ったところ、
「先生、シュウイツってどういう意味?」という質問がきました。

その際に何も言わずにホワイトボードの端に『シュウイツ』とメモを残し教室を後にしました。
このメモは《辞書で調べる単語》を意味します。
ルールとして、まず会話の流れから判断し、授業時間外で辞書を引いて調べます。
DSC_0314.JPG

今回の場合では「参考にさせてもらう」と言いましたので『シュウイツ』がプラスの意味の言葉であることが分かりますが、字や細かな意味までは分かりません。
そこで辞書を引いて自分で確かめます。
辞書には例文や類義語など付随する知識も載っていますから、自分で「気づく」ことができるのです。

講師がその場で『シュウイツ』の意味を教えてしまうことは簡単ですが、それではせっかくの良い機会を逃すことになってしまいます。
自分自身で辞書を引き調べるからこそ知識として根強く残るのです。
教室では『分からない言葉=辞書を引く』が定着しているので、中には教室に入ったときから辞書を手放さない生徒もいます。(笑)
DSC_0368.JPG

疑問に思ったことを自分自身で解決する意識を持つことは他の学習にも活かされます。
子どもの伸びしろに限度はありません。
知識を与えるだけではなく、自ら掴みに行く姿勢を身に付けさせることでより大きく成長するためのきっかけを与えます。

鉄能会の授業に興味をお持ちの方はHPよりお問い合わせ下さい。
無料にて学習相談を行っております。

練馬校副教室長
門倉 紘一郎
DSC_0823.JPG



このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。