HOME > トピックス > たまプラーザ校 > 夏の講習の「個別指導」

トピックス

< 夏の講習「思考力アップ☆パズル講座」  |  一覧へ戻る  |  夏の講習の「個別指導」② >

夏の講習の「個別指導」

鉄能会NEOでは、通常授業期間に毎月2回(80分×2回)の「個別指導」を実施しています。

そして、この夏の講習期間でも個別指導を行い、一人ひとりの課題の克服、そして能力の向上に向けて、必要な時間を設定し取り組んでいます。
20180809①.JPG 20180809②.JPG

特に5年生は8月2日(木)に集団指導の授業(前半)が終了し、後半まで間が空きます。そうした時間を活用して個別指導を進めているため、今週(8/5~8/10)は5年生の個別指導が多いです。

普段の個別指導は算数、国語が中心となりますが、理科、社会も行う生徒もいます。そうは言っても算数の時間数が多いのは、中学受験においても非常に重要な教科であり、加えて授業内で「演習」にかける時間も必要だからです。

5年生の集団指導はほぼ単元別に進めており、それに応じた「おみやげ」を課しています。算数では、その完成に向けても算数担当講師からのヒント(フォロー)が必要なときもあります。
その際には、できる限り効率的に学習が進むよう「比」を活用しているかミスを防ぐために丁寧に数字や図をかいているか、など目を光らせ修正をかけていきます。

すぐに完成するのは難しくとも、個別指導も活用しているため、完成した数も多くなっています。(以下のように進捗状況を掲示しています)
20180809③.JPG

鉄能会NEOでは「個別指導」を授業の一環として設定し、講師の管理の下で個々の学習を進めています。
そして、「個別指導」での経験を、最終的な入試につなげていきます。

その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

カテゴリ:

< 夏の講習「思考力アップ☆パズル講座」  |  一覧へ戻る  |  夏の講習の「個別指導」② >

同じカテゴリの記事

立体図形も「比」で解く

5年生の先日の授業で「水の深さ」に関する問題を扱いました。
一般的な教材で確認すると、単元としては立体図形に含まれています。

とは言うものの、鉄能会グループにおいては「水の深さ」に関するの問題についても「比」を活用して解き進めています。
20181012①.JPG 20181012②.JPG

「体積を求めてから底面積で割る」のような解き方も間違いではありません。
ただし、鉄能会グループではいかに効率よく正解に導けるかを追求しているため、できる限り小さな整数で考えていくことで効率の良い学習につなげられます。
1枚目の写真のように、簡単な図(正面から見た図)をかいて、「比」を活用すべきです。

もちろん、経験を積み重ね、慣れる必要があるため、短期的なスパイラルで復習も取り入れながら強化していきます。

算数では、速さに関する問題でも、割合に関する問題でも、図形問題でも、「比」を活用しています。

「受験算数は『比』が命」です。
鉄能会グループで算数を学ぶ生徒は「比」を活用して効率よく解き進められているのです。

「もっと得点を伸ばしたい」という算数が得意なお子様から、「算数が苦手で・・・」「算数が伸び悩んで…」と困っているお子様まで、ぜひ一度鉄能会の「比で解く算数」を体験授業に参加して体感してみてください。
きっと今までの算数との違いを感じてもらえるはずです。

勿論、算数に限らず中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

「試行錯誤」の経験

3年生は「思考力アップ☆パズル講座」で様々な種類のパズルに取り組んでいます。

夏の講習で扱ったパズルと同種類ですが異なる問題のパズルを使用し、数値を書き込む、線で結ぶなど様々なパズルを通して、「思考」と「試行」の経験を積んでいます。
20181006①.JPG 20181006②.JPG

3年生の段階では何よりも「試行錯誤」の経験が重要であると感じています。
■「成功」したことを通して、どう進めてきたかを確認(検証)し、その経験を次の機会にも活かす
■「失敗」したことを通して、何がいけなかったかを確認(検証)し、修正して正解に導く。そしてその経験を次の機会につなげる


各種パズルのルールを的確に把握し、試行錯誤を繰り返し、集中して取り組んでいます。
自力で完成させたときの達成感を強く感じていた生徒もいました。


鉄能会及び鉄能会NEO(以下、鉄能会グループ)においてパズルを使用しているのは、その取り組みが中学受験に向けて非常に効果の高いものであると考えているからです。

鉄能会グループで使用するパズルは、以下の力・能力を身につけることができます。

◆ 条件を整理し、問題文を正しく 読み取る力
◆ 条件を整理し、図や表に 書き出す力
◆ 試行錯誤を繰り返す中で、その規則性などに 気付く力
◆ 自分の解答の正誤を 検証する力
◆ 解答に至るまでのプロセスを想像(創造)し、考え抜く力
◆ 正しい解答にたどり着くための、正確さ
◆ 正しい解答にたどり着くための、粘り強さ

これらが身につくことにで、集中力が高められます。
学年を問わず、1時間という授業時間の中でも集中が途切れることなく多くの問題に挑戦することができます。

また、上記7つの力・能力は算数に限らず、他の教科での学力向上にもつながります。
鉄能会グループでは、プロ講師が子どもたちの「アタマ」の状況を見極め、成長を促すために先導していきます。

3年生はパズルを通して、試行錯誤を繰り返して様々なことを学んでいます。

その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

「速さ」の問題も「比」が命

鉄能会グループで行っている6年生の過去問演習について、実施し、解き直しを進めるだけではありません。

9/14の当欄において過去問演習の流れを記載しました。
その中の「⑨集団指導、個別指導にてフィードバック」もやはり大切です。
入試本番でより高い得点を取ることも狙いの1つですので、入試問題の中で注意すべき表現なども授業内で確認しています。

写真は、単元別演習にて「速さ」に関する問題を扱ったときの様子です。
20180929①.JPG 20180929②.JPG
 
生徒は図や表をかいて、「比」を最大限活用して解き進めています。
「速さ」は5年生の春頃に初めて学習しました。当時からコンスタントに「比」で解く経験を積んできたことで、自力で正解できるようになっています。

算数では多くの単元において「比」の考え方を重視して解き進めています。
「比」の考え方が効率的に得点向上につながっています。

6年生の授業を行う中でも、「受験算数は『比』が命」であると、そして鉄能会で算数を学ぶ生徒の力強い「武器」であると、強く感じました。

「もっと得点を伸ばしたい」という算数が得意なお子様から、「算数が苦手で・・・」「算数が伸び悩んで…」と困っているお子様まで、ぜひ一度鉄能会の「比で解く算数」を体験授業に参加して体感してみてください。
きっと今までの算数との違いを感じてもらえるはずです。

勿論、算数に限らず中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

5年生の前進 ~「比」で解く算数~

鉄能会グループの6年生は、過去問演習を行い、更に解き直しを進め、志望校合格に向けて邁進しています。

過去問演習&解き直しにしっかりと時間を費やしてきたことで、鉄能会グループの卒業生は志望校合格を勝ち取ってきました。

6年生は普段の授業での単元別演習に加え、過去問演習を継続していきます。

一方、5年生も連日の授業、自立学習指導を通して前進をしています。
20180922①.JPG

算数では多くの単元において「比」の考え方を重視して解き進めています。
この9月からは「相似」や「面積と辺の比」など、より入試問題に直結する単元、かつ「比」の考え方が最大限活用できる単元を扱っています。
20180922②.JPG

経験を積み重ね、慣れる必要があるため、個別指導を活用すると共に、短期的なスパイラルで復習も取り入れながら強化していき、来年2月からの「6年生」での学習につなげていきます。

授業を進めていて、やはり「受験算数は『比』が命」であると、そして鉄能会で算数を学ぶ生徒の力強い「武器」であると、強く感じました。

「もっと得点を伸ばしたい」という算数が得意なお子様から、「算数が苦手で・・・」「算数が伸び悩んで…」と困っているお子様まで、ぜひ一度鉄能会の「比で解く算数」を体験授業に参加して体感してみてください。
きっと今までの算数との違いを感じてもらえるはずです。

勿論、算数に限らず中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

「過去問演習」進行中

9月も2週目が終わろうとしています。

6年生は9月1週目よりそれぞれの志望校の過去問演習を実施しています。
20180914①.JPG 20180914②.JPG

これまで当トピックス欄でも何度か挙げられてきましたが、鉄能会及び鉄能会NEOの過去問演習の流れは以下の通りです。
 
 ご家庭で購入いただいた過去問の冊子を預かる
室長が志望校を踏まえてスケジュール管理
校舎にて問題用紙などの印刷準備
演習実施
講師が採点・添削
成績表(合否判定)、解答用紙、模範解答・解説を返却
解き直し(個別指導にて実施することもある)
解き直しノートの提出&室長確認&返却
集団指導、個別指導にてフィードバック

は各教科の指導方針に基づいて、また学校の基準も考慮して採点を進めています。各教科、記述式の問題(算数は考え方を書く問題)もあります。その採点・添削を重視しています。

の成績表は以下の写真(サンプル)のようにして発行しています。
20180914③.JPG
 
の解き直しノートはしっかりと時間をかけて、勿論効率の良さを考えて進めています。
(写真は卒業生が作成したものです)
20180914④.JPG

鉄能会及び鉄能会NEOの各校舎では上記のように教室長の管理の下、過去問演習の流れを確立して、日々の指導に当たっています。
 
中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。