HOME > トピックス > アーカイブ > 自由が丘校 > 7ページ目

トピックス 自由が丘校 7ページ目

「気づき」の大切さ

算数の得点が伸び悩んでいる生徒で「解説を読むと分かるのに…」と感じている人は多いものです。
いわゆる「問題の解き口」を見つけられず、得点できないパターンですね。

問.太郎が5000円,次郎が3000円持っています。ある品物をお金を出し合って買うことになり,太郎と次郎で8:3の割合でお金を出しました。その結果二人の残金が同じ額になりました。買った品物の代金を求めなさい。
昨年のことになりますが、他塾から6年の途中で移籍してきたある生徒が質問に来たこの「倍数算」の問題。出した金額の差の5が、初めに持っていた金額の差の2000円にあたることに気づけば容易に解けるのですが、よく例題で見かける「同じ金額を出し合う」パターンの問題と少し違う、と感じただけで思考が止まっていました。ほんのわずかにひねっているだけなのに…。
9151.JPG
その生徒には、だまって上の写真のようなヒントを見せたところ「あぁ、そうか!」と気づいてくれました。これは問題のパターンを解法暗記に頼って処理してきた弊害といえるでしょう。

問.容器Aに5%の食塩水400gと容器Bに7%の食塩水300gが入ってます。A,Bから同じ量の食塩水を取り出し,水が200g入った容器Cに入れよくかき混ぜた後,半分ずつA,Bに戻します。さらに,よくかき混ぜたところ,容器Aの食塩水の濃度は4.2%になりました。容器Bの食塩水の濃度は何%になりましたか。〔H19洗足学園〕
こちらは、先日ある生徒が質問に持って来た問題です。天びんを使って解こうとして自滅していましたので、
9152.JPG
ヒント出しとして上の図まで書いたところ、「あ!分かった」と気づいたようで、あとは自力で答えまで出していました。
ポイントは、操作の前後で「食塩の量が変わらない」ことに気づけるかどうかにかかっています。
(ちなみに、かなり途中を省略していますが、ヒントと答えは下のようになります。)
9153.JPG

算数の得点力アップを目指すとき、重要視すべきは解法を「覚える」ことではありません。もちろん問題の意図を「理解する」ことも大切ですが、何より「気づきの力」を身につけることが第一です。これはなかなか自分ひとりでは身につけにくいものでしょう。
鉄能会では「個別指導」において解法を丁寧に教えることはしておりません。逆説的なようですが、丁寧に分かるまで教えるという個別指導では、分かった気になるだけで得点力は身につかないからです。
生徒の理解力を見極め、適切なヒントを積み重ねることで「気づかせる」指導こそ、プロ講師が行う指導と考えております。

ダブルスクールなどをお考えの方がいらっしゃいましたら、学習相談(無料)を随時行っておりますので、校舎ページよりお問合せください。

自由が丘校 宮田亮
HP写真【宮田】.jpg

「過去問演習→解き直し」の流れ

6年生は先週より、志望校の過去問演習に取り組み、経験を積んでいます。
20170913①.JPG

当トピックス欄の9月8日15:32に更新された「過去問演習」でも紹介されている通り、演習した過去問の成績表が返却されたら、解き直しを通して「知識や解法を使えるようにする」必要があります。

個別指導を受講している生徒もいますが、その中心となるのが過去問演習の解き直しです。
特に算数は「解説」を読んだだけでは効率の良い解き直しが難しい時もあります。
中学受験の算数で効率の良い「比の考え方」を中心とした解き方でアプローチするには、講師と共に解き直しを進めて行くのが最短ルートと言えます。そして「知識や解法を使える」ようになるのです。
20170913②.JPG 20170913③.JPG

過去問演習で算数を優先的に実施し、その後に予定されている個別指導にて解き直しを即行う、といった手法も取り入れ、より効果的な解き直しを進めています。

入試本番において、解く必要の無い問題、いわゆる「捨て問」の選定も講師と共に見出していきます。


9月10日(日)午前に「首都圏統一合判」が行われました。その「重要ポイント解説講座」を、当日午後に行っています。
9月17日(日)午後には「四谷大塚合不合判定」の重要ポイント解説講座を行います。

模擬試験も解き直しは必要です。上記の講座が効果的な解き直しにつながります。
 
やはり、早い段階で解き直しを済ませ、過去問を中心とした問題演習の経験を積んでいくべきです。
そうして更に力をつけていき、2月1日以降の入試本番につながっていきます。


飯島巧士
01iijima.JPG

後期開始!

9月に入り、自由が丘校に通う小6は志望校の過去問演習を行っています。
毎日、学校が終わったらすぐに塾に来て、過去問の演習、または過去問の解き直しなどを進めています。
ここから受験までは自分との戦い。
自分を過信せず、一つひとつ弱点や解けなかった問題を克服していかなければなりません。
過去問の結果に一喜一憂する気持ちもわかりますが、焦らずに勉強を進めていきましょう。

140621仮想中学入試②.bmp



 



一方、九品仏校でも後期授業が始まりました。
後期の小テスト(国語力検定・計算GP・理・社)では、いよいよ小4・5の国獲りが開戦です。
強かった小6の抜けた国獲りに小4が参戦。
いったいどのような戦いとなるのか??
全国制覇目指してがんばれ!!
 
kunitori.jpeg









そして、新小4(現小3)ではいよいよ中学受験準備が始まっています。
来週末からの「小3短期集中講座」では来年2月から始まる本格的な中学受験の勉強の前に、算数や国語を中心に勉強の仕方などを学びます。
中学受験専門鉄能会の「勉強=楽しい」を体験できる機会ですので、新小4のお子様はぜひ一度体験してみてください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いよいよ始まる中学受験
新小4対象(現小3対象)
短期集中講座(算数、国語)

◆内容:
鉄能会では来年2月から始まる本格的な中学受験の学習開始前に学習体制を整える準備をすすめています。
「まだ中学受験するかわからないし・・・」、「ウチの子に中学受験はできるのかしら?」
「鉄能会ってどんな塾?」など不安なことや、わからないことも多いと思います。
そこで、色々なことを知るためにも9月から始まる「短期集中講座」に参加してみてください。
3回の体験のあと学習相談を行い、中学受験に向けてのアドバイスをさせて頂きます。

◆日程
<9月>
◇金曜コース ①15日、②22日、③29日 時間 16:10~17:40
◇土曜コース ①16日、②23日、③30日 時間 9:00~10:30

<10月>
◇金曜コース ①13日、②20日、③27日 時間 16:10~17:40
◇土曜コース ①14日、②21日、③28日 時間 9:00~10:30

※9月か10月の「金曜コース」または「土曜コース」をお選びください。
※定員がございます。定員になり次第受付終了となります。

◆受講料 無料
受講をご希望の場合は、九品仏校へご連絡、またはHPからお問合せください。

★短期集中講座以外にも小3を対象とした
◇小3通常授業クラス
◇思考力アップ『パズル講座』
◇速読講座」
がございます。
※詳細は、九品仏校へご連絡、またはHPからお問合せください。

鉄能会 九品仏校・自由が丘校  中桐 義博

中桐.jpeg

過去問演習

過去問演習が本格的に始まりました。
取り組むにあたってのポイントをいくつか確認しておきましょう。

□ペースは週に2年分ずつ
冬の講習まで16週間。32本の過去問を解いていきます。各学校の過去4,5年分、といっても1年に複数回受験のある学校もありますので、実質的には3,4校の過去問をローテーションさせて取り組みます。過去問の冊子はこちらで預かりますので、購入したらすぐに持ってきてください。
9081.JPG

□常に本番の意識を持つ
過去問演習は、本番で「持っている力を100%出し切る」ための練習です。例えば、普段80点取れる力を持っているのに7割の力しか出せなければ56点になってしまい、普段60点ぎりぎりしか取れない人が、100%の力を出し切った得点に負けてしまいます。中学入試ではよくある逆転現象なのです。
解答用紙も問題も、塾でプリント化して本番に近い形式を整えます。全て教室で実施し、時間も正確に計りますので、気持ちも本番のつもりで取り組むことが大切です。もちろん目標は合格点を超えること。一切の妥協をせず集中して取り組みましょう
9082.JPG

□「直し」で絶対に手を抜かない!
やってみたら解き方がまったくわからなかった、といったことはよくあることです。このとき最悪なのは、「わからないものは、いくら考えてもわからないんだから解説を見てしまおう」という勉強法です。
今の時期大切なのは、解法を覚えることではありません。知っている(はずの)知識や解法を実際に使えるようにすることです。はじめは時間がかかるかもしれませんが、納得いくまで考え抜くようにしてください。全て講師が採点していますので、国語の記述など、答案に添削を施してあります。しっかり解きなおして再添削を受けるようにしてください。また、算数のいわゆる「捨て問」のアドバイスも随時行っております。積極的に質問に来てください。
9083.JPG 9084.JPG

皆さんの「本気」を期待しています!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
鉄能会各校舎にて「過去問演習パック」をご用意しております。
外部生の方で、ご興味のある方は各校舎ページよりお問い合わせをお願いいたします。

自由が丘校 宮田亮
HP写真【宮田】.jpg

自由が丘に6年生専門館がOPEN!

準備中です。

<<前のページへ1234567

« たまプラーザ校 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。