HOME > トピックス > アーカイブ > 自由が丘校 > 4ページ目

トピックス 自由が丘校 4ページ目

面接について

明けましておめでとうございます。
6年生は、本番が間近に迫ってきました。
kanban2.bmp jisyuu8.bmp
 
入試では面接がある学校もあります。
追い込みの時期で、勉強が大変な時期ですが、面接についてもきちんと対策をしておきたいところです。
特に帰国枠入試を考えている生徒は必須ともいえる面接ですので、改めてポイントを整理しておきたいと思います。
 
まず、過去の受験生が面接で良く聞かれてきた質問をまとめます。
①志望動機(必須)
・なぜこの学校に入ろうと思ったのか
・この学校の校風(印象)をどう思うか
・入学後に何を頑張りたいか

②自分に関すること
・自己PR
・自分の長所・短所について
・趣味・特技について
・将来の夢
・今までに最も感動したこと
・尊敬する人物

③小学校生活について
・最も印象に残ったこと、思い出について
・学校生活で力を入れたこと

④入学後について
・入学後に何を勉強したいか
・入りたいクラブ
・制服についてどう思うか

⑤その他
・最近のニュースについて関心のあることを教えてください
・他の学校を受験していますか
・今日のテストはどうでしたか

⑥海外生活について(帰国枠入試) 
・海外生活で一番印象に残っていること
・海外生活で一番困ったこと
・その国の人びとの良いところ、悪いところ
・日本人の良いところ、悪いところ
 
例年、上記にあげたような質問をされることがほとんどのようです。
もちろん、想定外の質問をされる可能性もありますが、せめて上記の質問には淀みなく答えられるように練習しておきたいところです。
何と答えればよいかが思い浮かばない項目に関しては、事前に文章で書き、それを言葉にする練習をすると良いです。
 
他にもポイントとして、
・入退室の作法ができているか
・「え~と」「えっと~」は極力少なく
・口調はハキハキと、背筋を伸ばして、面接官の目を見て答える
・ネガティブな内容の発言は極力避ける
・将来については、「今は決まっていませんが…」ではなく、今の展望を語る
など、いろいろあります。
確認しておきましょう。
 
面接は学校によってスタンスが変わってくるので一般論になりますが、ペーパーテスト以外の部分を見たいと思っているからこそやっています。
面接官が見たいと思っているポイントとしては何よりも、この学校に入りたがっているかこの学校の校風にあっているか勉強以外にどんなことに興味があるのかです。
細かい形式にこだわって練習するよりも、「この学校に入りたい」「入学後にこんなことがしたい」という気持ちをしっかりと伝えることがとにかく重要なのだということを意識してください。

鉄能会では年末と年始の日曜特訓にて「面接特訓」を実施しております。
上記の点をふまえ、生徒に指導をしてきました。
練習を重ねるほど生徒の受け答えも上手になっており、準備は万全です。

あと3週間ほどで入試本番です。悔いを残さないよう、頑張りましょう!

自由が丘校 平岡琢磨
画像:平岡.bmp


中学受験をして良かったと思うこと

先日、卒業生とその保護者の方にお会いしたとき、中学受験をして良かったと思うこと、についてお話されていました。

保護者の方が色々と感じる中で一番良かったと思えるのは「時間の使い方が上達した」ことだそうです。
その話をした時は中学校の定期テスト中で、「親があれこれ言う前に全て自分なりに計画を立ててやっている」とのご報告をいただきました。
そんなことを言われてその場にいた本人は多少照れているようでしたが、やはり時間に追われるタイトな「中学入試」を乗り越えた経験が、スケジュール管理能力を高めたのでしょう。
親に言われたからではなく「自分にとって」必要なことは何かを自ら見極め、計画的に行動ができる。
そんな理想を実現してることを我々も非常にうれしく感じています。

一方で本人が良かったと思っているのは「ノートの使い方が上手になった」ことだそうです。
1063.JPG 1061.JPG

鉄能会のノート指導で「丁寧な学習」を叩き込まれたおかげで、定期テスト対策に限らず普段の学習でも非常に役に立っているとのこと。
たしかにノートの使い方は一生ものの宝かもしれませんね。

保護者の方からは、「無理・無駄を徹底的に排除する鉄能会での学習のおかげ」だとお褒めの言葉を頂きましたが、まさに今直前期を過ごしている6年生達も、日々「時間の使い方」を考えながら、一方で「丁寧な学習」を心がけて学習に取り組んでいます。
1062.JPG

本番まであと少し。
中学受験をやって良かったと思えるよう、もうひと踏ん張りしたいところです。
乗り越えた先には、ひとまわりもふたまわりも大きくなった姿を見られることでしょう。

頑張れ受験生!


自由が丘校 宮田亮
HP写真【宮田】.jpg

算数の悩みを解決⑥

鉄能会の体験授業に参加した生徒や転塾してきた生徒、鉄能会にお問合せ頂いた保護者から、たびたび算数の悩みや相談を受けます。
 
<生徒から>
□計算ミスをしてしまう
□図形問題が苦手
□速さの問題が苦手
□立体図形の問題はいつも避けて(捨てて)しまう
□算数が苦手
 
<保護者から>
□途中式を書かないから、計算途中で間違えている
□計算が遅い
□文章題の意味が理解できていない
□苦手単元(特に図形)がある
□算数に苦手意識がある
 
このように、算数に対する様々な悩みや不安があるようです。
そこで、多くの方が悩みや不安を抱えてしまう算数について、鉄能会ではどのように指導しているのかを、これまで入試問題を利用してご紹介しました。
 
 
前回に続き今回も「計算ミスをしてしまう」という声に鉄能会流で応じてみたいと思います。
 
まずは、「計算ミス」をしてしまう原因です。
①計算力がない
→計算の工夫が足りない
②字が乱雑で、自分の書いた字なのに見間違えている
→算数でも数字を丁寧に書く指導を受けていない。先生がチェックを入れていない
→途中式の書き方の指導を受けていない
→余白の使い方の指導を受けていない
③計算が長くなると途中でミスしてしまう
 →計算を長くしない・複雑な計算にならないような工夫が必要
 
前回はを取り上げました。今回はについて話題を進めてみようと思います。
 
 
入試問題の実物(または複製)を、ホームページに掲載している学校や、説明会で配布している学校もあり、多くの学校の入試問題の構成や形式を確認できます。
 
鉄能会では、以下のように計算スペースを有効活用できるよう教材を作成し、使用しています。
20171228①.JPG

20171228②.JPG

1枚目は6年生を中心に過去問演習をするときのもの、2枚目は設問ごとにプリント化したものです。
以下は鉄能会オリジナル教材で実際に生徒が取り組んだ後のものです。

20171228⑤.JPG

20171228④.JPG 
 
「問題集」をそのまま使用すると、余白が無い(狭い)ためノートや計算用紙を準備しなければなりません。しかし、実際の試験で余白があっても、ノートや裏紙などのように使える余白が無尽蔵にあるわけではありません。限られたスペースの中で計算しなければならないのです。
多くの計算ミスの原因はこの余白の使い方の訓練がされておらず、最初に大きく書き過ぎたために、後半の字が小さくなり計算ミスをしてしまう、または式をバラバラとあちらこちらに書いてしまうため、どこに書いたのか分からなくなりミスをしてしまう、などです。
そこで鉄能会の算数では全ての問題で入試の問題用紙と同様に余白を用意し、さらに限られている余白の使い方を4年生から指導・訓練させることで計算ミスを無くしているのです。

鉄能会での学習(経験)を積み重ねていくことにより、レベルの高い計算問題も、上記写真の3、4枚目のように、丁寧に、効率的に解き進めて正解できるようになっていきます。
 
 
更に、鉄能会では、普段からあらゆる問題で「図」「表」「比」を使うようにしています。
そうすることで、生徒たちは混乱なく問題を解くことができるようになるのです。
「比」を使った「ブレのない解法」これが鉄能会の算数の強みであり、鉄能会の生徒たちが算数に強い秘訣なのです。
 
「受験算数は『比』が命」
「比で解く」ことが中学受験の算数を攻略する上で力強い「武器」になります。
 
「もっと得点を伸ばしたい」という算数が得意なお子様から、「算数が苦手で・・・」「算数が伸び悩んで…」と困っているお子様まで、ぜひ鉄能会の「比で解く算数」を、体験授業に参加して体感してみてください。
きっと今までの算数との違いを感じてもらえるはずです。
 
勿論、算数に限らず、他の教科や中学受験のことでお悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。
 
 
飯島巧士
03iijima.JPG

冬の講習風景@自由が丘

授業は10時から始まりますが、6年生たちは「朝の自習」のため、朝早くから集まってきます。
12262.JPG
6年生専門館であるためか教室全体が受験モードがマックス状態となっており、朝の空気同様ピリッとした雰囲気の中、それぞれの課題に黙々と取り掛かり始めました。

漢字の書き取り、社会の知識まとめ、算数の頻出問題演習など、基本の習得を目的とした課題を各々の目的に合わせて取り組んでいます。
12265.JPG 12264.JPG

また、「その日にやるべきことはその日のうちに」ということを徹底しています。
12261.JPG

それができるのも、質問にもしっかりと対応し「分からないことはその場ですぐに解決する」ことが可能だからこそなのです。
12263.JPG

ネットなどでは
A「冬期講習は拘束時間が長くて家で過去問が出来ない」
B「演習・解説授業が中心で、演習量が増えた分授業の復習が十分出来ない」
C「算数の授業で解く問題が男子校用の応用ばかり。志望している女子校では出そうもないのに…」
などの不安の声を目にしますが、自由が丘校では考えられないことばかりです。

A;拘束時間は長いかもしれませんが、消化しきれない詰め込みはいたしません過去問は全て塾で行い塾で採点し塾が分析するシステムですので、ご家庭でのストレスはフリーです。
B;演習・解説は「解き直し」の時間とセットになって初めて効果が上がるものです。授業の解き直しはその日のうちに塾で行うようにしています。もちろん、質問は随時可能です。
C;自由が丘校は他学年の都合に左右されない「6年生専門館」です。そのため、集団指導も「セレクト講座」の形となっており、志望校やその生徒の学習状況に合わせて最も効果的な受講が可能です。

時間の使い方が合格への最大のカギとなる「冬の講習」。一人ひとりの生徒へしっかり目を配り、合格へ向かって進んでまいります。

自由が丘校 宮田亮
HP写真【宮田】.jpg

自由が丘に6年生専門館がOPEN!

準備中です。

<<前のページへ1234

« たまプラーザ校 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。