HOME > トピックス > アーカイブ > 2019年5月

トピックス 2019年5月

「個別指導」で国語の強化

鉄能会NEOの受験本科を受講している生徒は、毎月2回(70分×2回)の「個別指導」を実施しています。
20190531①.JPG 20190531②.JPG

小学4年生は、算数・理科・社会の3教科の授業を集団指導で進めながら、国語のみ月2回の個別指導で進めています。
国語には論説文や小説(物語)を題材とした文章読解問題があり、特に記述問題は入試問題や模擬試験での配点が高いです。完全正解でなくとも、部分点を取れるチャンスもあり、解答欄を空欄にすることなく、得点向上につなげられます。

その能力向上に必要なもの。
子どもが語彙を豊富にし、表現力を高めること。ともいえますが、何よりも大人(講師)の添削指導が必要なのです。

「集団指導」よりも「個別指導」の方が、非常に効率よく添削指導を進められます。そのためにも4年生の段階では国語を「個別指導」で進めているのです。

理科・社会においても記述問題を出題する学校が多く、理科・社会でもこの添削指導が活かされて得点向上につながっていきます。

5年生、6年生でも国語の個別指導を進め、文章読解問題への対応力を磨いている生徒もいます。

鉄能会NEOでは月2回の「個別指導」を授業の一環として設定し、講師の管理の下で個々の学習を進めています。
そして、「個別指導」で養った力を、最終的な入試につなげていきます。

その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

難関校対策・算数特訓講座より~その3~

今週も実施しました難関校座。徐々に参加者が増えてきており、白熱した競争が繰り広げられております。
さて、今週は男子難関校より浅野の問題をピックアップします。

0526j1.bmp

今回は平面図形の面積と辺の比を扱う問題。この年度では最終問題となります。
よくある参考書では補助線で切り、面積の比を利用して辺の比を求めていきます。
補助線の引き方をどうするかということで最初に悩む子も多いようです。

そこで、今回ご紹介した比を活用した裏ワザは・・・その名も「キツネてんびん」!

0526j2.bmp

補助線は一切必要ありません。図に比を書き込んでいくだけで簡単に解けてしまいます。
浅野の最終問題でしたが、この方法で3分かからず解けてしまいます。

生徒たちも「おぉ~」という感動の声が上がりました。
比を活用するとほとんどの問題が「速く、正確に、簡単に」解くことができます。

ホームページ上の記事では細かな部分は伝わりませんので、興味のある方は是非一度参加してみてください。
難関校への挑戦者をお待ちしております。

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
池本1.JPG



食塩水の問題は「比」!

5年生の算数の授業で食塩水の濃度に関する問題を扱いました。

「5%の食塩水123gと19%の食塩水246gをまぜると何%の食塩水ができますか」

ごく基本的な問題ですが、一般的な問題集の解説では、19%を「0.19」として、「246×0.19」のような小数(または分数)の計算を繰り返して答えを求めています。

鉄能会グループでは以下の写真のように、簡単に図をかきます。いわゆる「てんびん」です!
ほとんど簡単な整数で解き進めているため、ミスが非常に少ないです。

20190527①.JPG

「比」を活用することで効率よく解けるようになります。

図の中で○や□で表しているのが比となりますが、図で表すことで理解度も高まり、万が一の「ミス」にも気づきやすくなります。
20190527②.JPG

多くの単元の問題で「比」を活用することで効率よく解き進められ、得点源となるのです。
鉄能会グループの生徒は「比」を活用して学習を進め、様々な単元の問題の挑戦を続けています。
20190527③.JPG

「比」を使った「ブレのない解法」これが鉄能会の算数の強みであり、鉄能会グループの生徒たちが算数に強い秘訣なのです。
 
「受験算数は『比』が命」です。
 
「もっと得点を伸ばしたい」という算数が得意なお子様から、「算数が苦手で・・・」「算数が伸び悩んで…」と困っているお子様まで、ぜひ一度鉄能会の「比で解く算数」を体験授業に参加して体感してみてください。
きっと今までの算数との違いを感じてもらえるはずです。
 
勿論、算数に限らず中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。
 
 
鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

無料イベント実施中!

DSC_0364.JPG DSC_0366.JPG DSC_0365.JPG


鉄能会では、子どもたちの思考力、発想力、忍耐力など、「中学受験に必要な能力」を鍛えるイベントを実施しています!
(これらの力は中学受験のみならず、社会に出てからも必ず役立つものです)

イベントの一部をご紹介いたします。

■「レキシとコトバの先生」
タイトルの通り、歴史と国語が同時に学べる一石二鳥のイベントです!
文章は全て、歴史上の人物に関するものとなっています。
答案については講師が添削し、文法や文末表現のミスなどを細かく修正、「正しく解答する力」を鍛えていきます。

先日のイベント実施の際には、「お気に入りの人物」を各自に投票してもらいましたが、「聖徳太子」が圧倒的な人気でした!
歴史分野が未習の学年であっても、「一度に十人の話を聞けるという説がスゴイ!」「家柄ではなく能力で冠位がもらえる制度(冠位十二階)に感動!」など、様々な感想を述べてくれました。


■「思考力アップ☆パズル講座」
論理型思考パズルを用いて、楽しみながら手とアタマを動かします!
中にはボールペンを用いるパズルも・・・
1度間違えてしまったら消せないため、かなりの集中力と忍耐力を要します。

また、推理パズルは、大事な条件を一部見逃してしまうだけで、解答の方向性を誤ってしまいます。
いかにスピーディかつ正確に問題を解き進められるかがポイント。
当然、入試問題も同じですよね。


入試問題への対峙力を、楽しみながら鍛えられる。
それが、鉄能会の貫く「学習=楽しい」のモットーです。

各イベントは入会を前提としたものではありません。
ご興味のある方は、お気軽にご参加ください!

********************************************************************************************************

★無料イベント日程★

<思考力アップ☆パズル講座>

■小3対象
□6月08日(土)09:20-10:30
□6月22日(土)
09:20-10:30

■小4対象
□6月
08日(土)10:40-11:50

■小5対象
□6月22日(土)10:40-11:50


<レキシとコトバの先生>

■小4対象
□6月08日(土)09:20-10:30

■小5対象
□6月22日(土)09:20-10:30
 

★各日程に定員がございますので、事前にお申し込みをお願い致します

■申し込み方法
 □初めての方/鉄能会HPの校舎紹介「メールにてお問い合わせ」より。
 □リピーターの方/校舎宛に直接メールにてお知らせください。


鉄能会鷺沼校 副室長 千勝佑子
1500769681650.jpg

学習のリフレッシュも鉄能会らしく

鉄能会では、使用していない座席ブースは常に自習用として開放しています。
生徒たちが授業の無い日にも来て、自習に取り組むのはお馴染みの光景です。

ただ生徒たちも真剣に学習を続けていると、途中でアタマが疲れてしまう時が当然あります。
そんな時は、楽しくアタマをリフレッシュ!

講師が自習教室に入り、皆に白い用紙を渡したら、今日のお題の発表です。
「今日の制限時間は2分、お題は部首が『さんずい』の漢字!」

早速生徒たちはスタートです!
DSC_0685.JPG

2分経った後、書けた漢字の数に応じて、ポイントシールがご褒美でもらえます。
DSC_0687.JPG

返却後、お互いの解答用紙を見ながら、
『あー、この漢字、知っているはずなのに出てこなかったぁー!』と悔しそうな声が聞こえてきます。

ここで講師から一声、「いまみんなから出た解答の他に、『さんずい』の漢字はないかな?調べてみようか。」
すると生徒たちは我先にと、本棚にある漢字辞典のコーナーへ。
みな夢中で『さんずい』のつく漢字をひとしきり調べ終えると、アタマもすっかりリフレッシュできたのか、そのまま辞書を使用して漢字テストの直し作業に入っていました。

また、別の日のテーマは、
「制限時間は3分、星座の名前と一等星の名前をセットで完答!」

回収した用紙を見ると、ある生徒が『ふたご座のポルックス』『おうし座のアルデバラン』など、なかなか博識な組み合わせの解答を書き、周りの注目を独占!その生徒は誇らしそうにその後学習を進めていました。

加えて、自分より詳しい知識を知っていた生徒がいたのが悔しいのか、リフレッシュ前よりも気合を入れて学習している生徒もチラホラいました。

この様に鉄能会では、生徒たちの集中力を気づかいながら、モチベーションを上手く引き上げる形で自習の管理を行っています。生徒たちも、良い意味でのゲーム感覚が取り入れられていることにより、学習での精神的な負荷は大きく軽減されている様です。

鉄能会の学習法や授業に興味を持たれた方は、HPよりお問い合わせください。
学習相談(無料)も承っております。

練馬校 理系担当
門倉 紘一郎
DSC_0823.JPG

「レキシとコトバの先生」&「パズル講座」

5月18日(土)に、自由が丘校にて4年生を対象とするイベントを実施しました。
今月は「レキシとコトバの先生」と「パズル講座」の2本立てです。

さて、「レキシとコトバの先生」では、ある歴史上の人物をピックアップして学習していきます。
520.JPG
パワーポイントを利用し、人物や時代背景などを紹介しながら興味を引き、さらに説明文を使用した演習を行って読解力も磨いていくという、欲張った講座となっています。

「え~男なの!?」・・・今回は「蘇我馬子」が人気だったようです(笑)。
5204.JPG
また意外なところでは、冠位十二階の「色」について非常に興味を惹かれていたようです。
「知らないことを知る」というのは本当に楽しいものなのですね。1時間があっという間に過ぎていきました。


次の時間は定番の「パズル講座」を行いました。
5203.JPG 5202.JPG
先ほどの時間とは打って変わって、「試行」と「思考」を繰り返し、頭をフル回転させながらのチャレンジです。
70分という、4年生にとってはかなり長い時間のはずですが、今回も静寂の中、途切れることなく非常に集中して取り組んでくれました。
きっと、とっても頭が疲れたことでしょう。


次回のイベントは5月25日(土)9:20から、自由が丘校にて3年生と4年生を対象とした「レキシとコトバの先生」&「パズル講座」を実施いたします。(詳細はイベント案内をご覧ください)
今回同様、楽しいイベントとなっておりますので、興味のある方はHPからお申込ください。

HP顔写真[たて]【宮田】.jpg
九品仏校 教室責任者
宮田亮

パズル講座で「試行錯誤」の経験

5月18日(土)に「思考力アップ☆パズル講座」を行いました。
様々な種類のパズルに取り組み、数値を書き込む、線で結ぶなど様々なパズルを通して、「思考」と「試行」の経験を積んでいます。
20190518①.JPG 20190518②.JPG

特に3、4年生の段階では何よりも「試行錯誤」の経験を積むことが重要であると感じています。
■「成功」したことを通して、どう進めてきたかを確認(検証)し、その経験を次の機会にも活かす
■「失敗」したことを通して、何がいけなかったかを確認(検証)し、修正して正解に導く。そしてその経験を次の機会につなげる


パズル各種のルールを的確に把握し、試行錯誤を繰り返し、集中して取り組んでいます。
自力で完成させたときの達成感を強く感じていた生徒もいました。


鉄能会及び鉄能会NEO(以下、鉄能会グループ)においてパズルを使用しているのは、その取り組みが中学受験に向けて非常に効果の高いものであると考えているからです。

鉄能会グループで使用するパズルは、以下の力・能力を身につけることができます。

◆ 条件を整理し、問題文を正しく 読み取る力
◆ 条件を整理し、図や表に 書き出す力
◆ 試行錯誤を繰り返す中で、その規則性などに 気付く力
◆ 自分の解答の正誤を 検証する力
◆ 解答に至るまでのプロセスを想像(創造)し、考え抜く力
◆ 正しい解答にたどり着くための、正確さ
◆ 正しい解答にたどり着くための、粘り強さ

これらが身につくことにで、集中力が高められます。
学年を問わず、1時間を超える時間の中でも集中が途切れることなく多くの問題に挑戦することができます。

また、上記7つの力・能力は算数に限らず、他の教科での学力向上にもつながります。
鉄能会グループでは、プロ講師が子どもたちの「アタマ」の状況を見極め、成長を促すために先導していきます。

今後の開催予定は以下の通りです。トップページの「イベント」欄もご確認ください。
●小3・小4・小5対象
□5月25日(土)10:40-11:50
□6月  8日(土)10:40-11:50
□6月22日(土)10:40-11:50



その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

国語の得点力を上げる方法!

DSC_0432.JPG DSC_0428.JPG DSC_0427.JPG

外部の方より、「読書が好きな割には、国語が苦手」という御相談を受けることがあります。
読書は「著者の意図」、入試問題演習は「出題者の意図」を読み取るものであり、全く違う作業となりますから、読書量と国語の成績は比例するとは限りません。
同じ「読む」作業でも、視点の置くべき箇所は全く違うのです。

また、入試問題の場合は、設問に対しての「解法」を攻略することが必要です。
つまり、「自己流」は一切通用しません。
逆にいえば、読書が苦手なお子様でも、出題パターンと解法をマスターしてしまえば、得点力を上げることが可能ということです。

しかし、読書をすることが無駄なのかというと、そうではありません。
読書量を積んできたお子様は、語彙力や想像力が長けているため、演習を積み重ねたときの伸び幅が非常に大きいです。
読書の習慣(幼少期であれば絵本の読み聞かせ)は、なるべく早い段階で身に付させておきましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

鉄能会の授業では毎回、「出題者の意図」の読み取り方について、トレーニングをしています。
基本的な例をいくつか挙げてみます。


①字数指定と解答欄
字数指定は、「これぐらいの量でまとめてくださいね」という出題者からのメッセージ。
原則、8割以上が目安です。

字数指定の指示がない、マス目のない解答欄に関しては、マス目のある他の解答欄を参考に、字のバランスを考えましょう。
当然これも、いかに適切な字数で解答をまとめられるかが試されています。


②文末表現
当然ですが、「なぜ」と聞かれたら文末は「~から。」、「何」と聞かれたら文末は「名詞」ですよね。
これ以外の文末表現にしてしまった場合は、出題者の意図を無視していることになります。


③最終的に問われていること
設問に二つ以上の条件が含まれている場合には、注意が必要です。
例えば、以下の問題。
「傍線部Aについて、この時の気持ちを、そうなった理由もふくめて説明しなさい。」

出題者が最終的な解答として求めているのは、「この時の気持ち」です。
しかし、条件にすぎない「理由」に引っ張られ、文末を「~から」にしてしまう間違いが少なくありません。
最終的に何を聞かれているのかを、正確に判断しましょう。また、求められている条件は過不足なく書きましょう。


④傍線部の位置
傍線部がどこからどこまで引かれているかもポイントです。
例えば、「どういうことですか」と問われた場合は、傍線部が引かれている部分を、過不足なく丁寧に言い換えます。

「気持ち」を問われた場合は、その時の気持ちだけを答えればいいのか、変化する前の気持ちも書いた方がいいのか、傍線部の位置によって変わって来ます。
出題者の意図は、こういった細かいところまで読み取る必要があります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここでご紹介したものは、ほんの一部に過ぎません。
「国語の解法」にご興味のある方は、鉄能会の無料体験授業に是非ご参加ください。
鉄能会独自の「アタマを使う」授業を体感していただけるはずです。

入会意思は問いません!
講師一同、お待ちしております!

国語科責任者 千勝佑子
1500769681650.jpg

【小4・授業料の通年割引制度あり<前期入会者限定>】

現在、鉄能会&鉄能会NEOでは、小4の受験スタートを応援する通年割引制度を適用しており、前期中(7月入会まで)の入会手続きをされた場合、2020年1月までの受験本科4科の授業料(通常月)が「毎月20%OFF(5,600円の割引き)」となります。

「これから中学受験をスタートさせたい」

「2月から通い始めた塾が合わないので転塾したい」


様々な理由があるかと思いますが、まずは鉄能会各校舎にお問い合わせください。経験豊富な鉄能会の教室長が中学受験に関する悩みを学習相談にて解決してまいります。中学受験は専門塾のプロ講師にお任せください。

◆小4受験本科クラス(4科指導)

■鉄能会 九品仏校・練馬校・鷺沼校・青葉台校
□月or火、木or金より週2日の曜日選択が可能(いずれも17:00-19:30)
□月額授業料28,000円(税別)→19,600円(税別)
※7月入会者まで通年適用。9月以降の入会者は通常の25,200円となります。
※条件を問わず、4科受講者は受験本科割引(2,800円)の対象となっております


■鉄能会NEO たまプラーザ校
□火曜日&金曜日の17:00-19:30
□月額授業料28,000円(税別)→22,400円(税別)
※7月入会者まで通年適用。9月以降の入会者は通常の28,000円となります。


■お問い合わせ以降の流れ
①鉄能会HPの各校舎ページよりお問い合わせにお進みください
②必要事項の入力&送信後、各校舎の室長よりメールにてご連絡させていただきます
③状況分析(本人のみ)の実施
④1回目の学習相談(保護者のみ)の実施
⑤集団指導への体験参加
⑥2回目の学習相談(保護者のみ)/入会のご案内
※集団指導につきましては、一定の水準を設定して受講可否を判断しております
※状況によっては変則的なご案内をさせていただくこともございます

なお、一連のご案内につきまして、入会を前提とはしておりません。学習相談にて、中学受験におけるお子様の立ち位置と今後の学習アドバイスを客観的にさせていただいております。お気軽にご利用ください。

中学受験専門 鉄能会



難関校対策・算数特訓講座より~その2~

本日は難関校対策・算数特訓講座でした。
0512j2.JPG

各校舎から難関校を志望する生徒が集まって切磋琢磨しています。
今回は共学校コースの様子をお伝えします。
本日は慶應湘南藤沢の入試問題を題材に問題を解き進めました。

慶應系ですので処理速度は重要です。
序盤はスムーズに解いておりましたが、回転体の問題では4桁をこえる答えでやや時間がかかっているようでした。
また、このような大きな数字になるときは当然その精度が求められます。
細かな計算をできる生徒が勝つのか、いえいえ違います。
「比」を使いこなし、簡単に処理することができるものが勝つのです。

実際、一生懸命計算をガリガリやった生徒は不正解でした。
以下のように図に比を書き込んでいくと非常に簡単に解くことができます。
0512j1.JPG

解説を細かく載せたいところですが、文章で表現するとわかりづらくなってしまうこともありますので、是非授業を体験していただきたいです。
鉄能会の、受験算数の極意である比の活用方法を伝授いたします。
難関校を志望する方、挑戦をお待ちしております。
※お申し込み方法の詳細はイベント案内のページをご確認ください。

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
池本1.JPG


12

« 2019年4月 | メインページ | アーカイブ | 2019年6月 »

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。