HOME > トピックス > 鷺沼校 > 採点者の視点に立とう!~答案~

トピックス

< 反抗期をどう乗り切るか②  |  一覧へ戻る  |  記述は「話し言葉」に注意! >

採点者の視点に立とう!~答案~

DSC_1907 (1).JPG DSC_1908 (1).JPG DSC_1910.JPG


入試で採点するのは、子どもたちにとっては赤の他人です。
何百枚もの答案を処理しなければならない学校の先生方に、正誤の判断がつけられないような乱雑な字形、消しあとが強く残っているもの、薄くて読めないものなどを×にされてしまっても、文句はいえません。そして、その×が合否の分かれ目になることも当然あるのです。

言うまでもないですが、解答は見やすく、はっきりとした文字で書き、採点者の視点に立った答案をつくりましょう。
ただ、自分の答案が他人にどう見られているかというのは、普段分からないものです。

これらを意識づけるために、鉄能会で行っていることをご紹介します。


①交換採点
鉄能会の授業では、全員の答案をコピーしたものを生徒に配布し、他の生徒の答案を添削させることがあります。
※授業の終わりには、私が添削したものを「正しい添削例」として返却します

自己採点では甘くなりがちな子ども達ですが、人の答案を採点するときには非常に厳しいです(笑)。
何故△や×にしたのか、コメントも入れさせるのですが、「字をていねいに書きましょう」「本文は漢字なのに、ひらがなで書いてはダメ!!」「問題をよく読もう」「字数不足!」「文末がちがう」など、素晴らしい指摘をしてくれています。
交換添削を何度かしていくうちに、「読みやすい丁寧な字を書こう」「見直しをしっかりしよう」「問題文の条件を見落とさないようにしよう」という意識が子どもたちの中に芽生えていくのが分かります。

このように、採点者に対して印象の良い答案をつくろうという意識が、非常に大切なのです。


②鉄能会独自の採点基準
鉄能会では、「誰が見ても正答をくれる字」を書かせることを目的に、漢字に関して厳しい採点基準を設けています。
トメ、はね、はらい、書き順は特に厳しく見ています。
また、習字を習っている生徒は、「筆入れ」の部分を書いてしまうなどの癖が抜けないことが多く、注意が必要です。

DSC_2015.JPG DSC_2017.JPG

このように、鉄能会では毎週漢字テストを実施し、漢字の正誤のみではなく、字形自体にも添削を入れています。

--------------------------------------------------------------------------------
いかがでしたでしょうか。
採点者の視点に立つ意識を持つだけで、問題を解く際の集中力が上がりますよ!
是非、実行してみてください。

鉄能会の授業にご興味のある方は、お問い合わせ下さい。

文系担当講師 千勝佑子
1500769681650.jpg


カテゴリ:

< 反抗期をどう乗り切るか②  |  一覧へ戻る  |  記述は「話し言葉」に注意! >

同じカテゴリの記事

自立学習のススメ~小3授業より~

DSCPDC_0003_BURST20180523152024898_COVER.JPG DSC_0570.JPG DSC_0620.JPG

鉄能会では、子どもたちの「自立」を促す指導をしています。
学習管理において、親御さんがむやみに手を出してしまうと、お子様の能力伸長が阻まれてしまいます。
早い段階で、自分のアタマで考える癖をつけ、自立することが重要です。

鉄能会では、低学年のうちに、自立学習の基本となる習慣を身につけさせます。

例えば、演習問題です。
×がついたからといって、すぐに答えを教えることはしません。
どこで間違えたのかを、まずは自力で考えさせます。
当然、状況に応じて適宜ヒントをあげますが、子どもが受動的にならない様、ヒントの出し方についても工夫をしています。

また、子ども達は毎週「調べ学習」のルーティンワーク(おみやげ)をこなしてきます。
調べた数に応じて御褒美シールがもらえるため、子ども達は生き生きと取り組んでいます(笑)

初めのうちは、調べ方のコツを掴めていない生徒も多く、助言が必要な時もありました。
しかし、今は自力で調べ方を考え、おみやげを完成させてくるので、大変頼もしいです!
調べることの楽しさは、「好奇心」にも繋がりますし、自ら机に向かうきっかけにもなります。

低学年のうちに、中学受験に向けての基本姿勢と学習習慣を身につけましょう!
鉄能会の指導を体験したい方は、イベントや体験授業に是非ご参加下さい。

鷺沼校副室長 千勝佑子
1500769681650.jpg

記述対策②~出題者の意図~

DSCPDC_0001_BURST20180424171148757_COVER.JPG DSC_0530.JPG DSC_0534 (2).JPG

外部の方より、「読書が好きな割には、国語が苦手」という御相談を受けることがあります。
実は、読書量と国語の成績は比例するものではないため、このようなケースは珍しくありません。
何故そのような事態が起きるのでしょうか。

読書は「著者の意図」、入試問題演習は「出題者の意図」の読み取りが主な作業になります。
読書をするときは、ある程度自己流に読んでも、それほど大きな支障は来たしませんが、入試問題でこれをやってしまうと致命的です。
同じ「読む」作業でも、視点の置くべき箇所は全く違うのです。

そして、設問に対しての解法を攻略することが必要です。
逆にいえば、読解自体が苦手なお子様でも、出題パターンと解法をマスターしてしまえば、得点力を上げることが可能なのです。

しかし、読書をすることが無駄なのかというと、そうではありません。
読書量が多いお子様は、語彙力や想像力が長けているため、演習を積み重ねたときの伸び幅が非常に大きいです。
なるべく早い段階で、読書の習慣を身に付けさせるようにしましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

出題者の意図は、設問条件や解答欄などに示されています。
まずは基本的なものから見てみましょう。


①字数指定と解答欄
字数指定は、「これぐらいの量でまとめてくださいね」という出題者からのメッセージ。
原則、8割以上が目安です。

字数指定の指示がない、マス目のない解答欄に関しては、マス目のある他の解答欄を参考に、字のバランスを考えましょう。
当然これも、字をバランスよく書き、適切な字数で解答をまとめられるかが試されています。


②文末表現
例えば、理由を聞かれたら文末は「~から。」です。
これ以外の文末表現にしてしまった場合は、設問に正しく答えていないことになります。

また、設問に二つ以上の条件が含まれている場合には、注意が必要です。
例えば、以下の問題。
「傍線部Aについて、この時の気持ちを、そうなった理由もふくめて説明しなさい。」

出題者が最終的な解答として求めているのは、「この時の気持ち」です。
しかし、条件にすぎない「理由」に引っ張られ、文末を「~から」にしてしまう間違いが多いです。
最終的に何を聞かれているのかを、正確に判断しましょう。また、求められている条件は過不足なく書きましょう。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
ここに挙げた設問条件は、ほんの一部に過ぎませんので、次回以降にまた紹介いたします。

鉄能会の国語の授業では、「出題者の意図」を読み取るトレーニングを積んでいきます。
出題者といかに会話が出来るかが、得点力を上げるコツです。
ご興味のある方は、是非、無料体験授業にご参加ください。

国語科責任者 千勝佑子
1500769681650.jpg

記述対策①~主語の視点で書く~

DSC_0375.JPG DSC_0376.JPG DSC_0377 (1).JPG


文章読解の設問には、ほとんどの場合、解答の「主語」を誰にすべきかの指示があります。

例えば、次の設問です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<場面要約>
リョウとナオミは、教育団体の研修に参加中です。
研修中、自分が役に立てていないことを痛感したナオミは、一人になりたいといって、丘の上へ行ってしまいます。
なかなか降りてこないナオミを心配した研修担当者は、明るいうちにナオミを連れて帰るよう、リョウに頼みます。
言われた通りにナオミの元へ向かったリョウですが、そのまま丘の上でナオミと話し込んでしまいます。
その様子を双眼鏡で見ていた研修担当者が、イライラしている場面です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<設問>
研修担当者がイライラしているのはなぜですか。理由を答えなさい。


★ポイント★
設問の主語が「研修担当者」であることを意識し、答案を作成していきます。


【実際の誤答例】
リョウが明るいうちにナオミを連れて帰ってくるはずだったのに、丘から降りてくる気配がないから。

⇒この解答は「リョウ」が主語になっているので減点です。
また、「連れて帰ってくるはず」と思っているのは、「リョウ」ではなく「研修担当者」です。
主述関係があいまいなため、減点となります。

あくまでも、主語である「研修担当者」の立場から書きましょう。
つまり、「明るいうちにナオミを連れて帰るよう、リョウに頼んだのに・・・」というような書き方が正しいです。



研修担当者が、明るいうちにナオミを連れて帰るよう、リョウに頼んだのに、丘から降りてくる気配がないから。

⇒「研修担当者」が主語であることは、設問文で明確になっています。
そのため、答案に書く必要はありません。
「明るいうちにナオミを連れて帰るよう、・・・」といきなり書き始めてOKです。


【正答例】
明るいうちにナオミを連れて帰るよう、リョウに頼んだのに、二人とも丘から降りてくる気配がないから。

【見直し】
書き終えたら、自分の解答に「研修担当者が」という主語をつけてもおかしくないか、見直しをしましょう。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いかがでしたでしょうか。
先ほどの誤答をした生徒たちは、正答例を見ただけでは、自分の答案が減点だと気付けませんでした。
つまり、記述力アップには、プロによる添削指導が必須なのです。
減点されるポイントや部分点を獲得できるコツは、添削指導を繰り返し受けながら、徐々に習得できるものです。
鉄能会の添削指導を、是非ご体験ください。

国語科責任者 千勝佑子
1500769681650.jpg

時間配分を正確に!~小4国語~

DSC_0529.JPG DSC_0533.JPG DSC_0535 (1).JPG

鉄能会では、カリキュラムの習熟度を測る「月例テスト」を実施しています。
来月は、4年生にとって初めての月例テストが控えています。
本日の授業では、時間配分や解く順序などを確認しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------

①分かる問題から解く!
演習慣れしていないお子様は、最初から順に解こうとします。
当然のことですが、分かる問題から手をつけましょう。
実際の入試では、すぐ解けるか、捨てるべきかを判断するのも、時間配分で失敗しないコツです。

②文章を読みながら解く!
文章を最後まで読んでから設問に取り掛かっている方はいませんか?
その解き方をしている場合は、すぐに修正しましょう。
文章を読みながら、傍線部や空欄の設問を確認し、その場で解けるものは片付けてしまいます。
本文に戻る回数が減り、時間短縮になりますよ。

③解答を書いたら、その都度見直し!
最後まで一気に解き終えてからの見直しは、精度が下がります。
設問ごとに、その都度見直しをしましょう。
誤字脱字はもちろん、提示された設問条件に正しく答えられているかも確認しましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------

来月は全学年対抗の鉄ぱんGP(一般常識テスト)も控えています。
GW期間中は普段行かない場所へ出かけるチャンスです。
様々なものに見て触れて考える習慣を持つことで、一般常識力が身に付きますよ!

国語科責任者 千勝佑子
1500769681650.jpg

小6仮想中学入試を実施しました!

DSC_0477.JPG DSC_0479.JPG DSC_0478.JPG

先週末、小6対象の仮想中学入試を実施致しました。

鉄能会の過去問演習は、授業外の時間を使って教室実施をします。
更に、演習結果を正確な分析資料として活用するため、全て講師が採点します。

一般的な塾の場合、過去問の管理を御家庭任せにしていることがほとんどです。
そのため、採点基準が曖昧なことが多く、本来は×や△である解答を○にしている可能性があります。
これでは正しい合否判定が出来ないうえ、問題点を洗い出すことも出来ません。

また、外部模試では、記述問題に△がついていても、減点理由が明記されていません。
そのため、記述力向上のための対策が練られず、いつまで経っても自己流の解答になってしまいます。
記述問題は、プロによる細かい添削指導が必須です。

さて、過去問演習が返却された後、子どもたちは授業時間外に解き直しを進めます。
難関上位校に合格した卒業生たちは、この解き直しにかなり力を入れていました。
解き直しで疑問が生じれば、講師に質問できるのも、少人数制だからこそ出来ることです。


いかがでしたでしょうか。
外部模試は偏差値のみによる合否判定が行われますが、鉄能会では各学校の出題パターンを網羅した講師陣が、学校との相性を見極めます。だからこそ、模試の偏差値では届かなかった学校への合格が可能になるのです。

前期中の仮想中学入試は無料イベントとして設定しておりますので、外部の方の御参加が可能です。
現時点の志望校との距離感を把握しておきたい方は、是非、お問い合わせ下さい。
学習相談も承ります。

鉄能会 鷺沼校副室長 千勝佑子
1500769681650.jpg 

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。