HOME > トピックス > たまプラーザ校 > 休めることも大切

トピックス

< 学習時の姿勢を直そう!  |  一覧へ戻る  |  選択肢対策①~+と-に分ける~ >

休めることも大切

夏の講習も開始から2週間が経ちました。

多少の疲れが出てくる頃ですが、2日間のお休みを経て、本日も皆元気よく塾に来て勉強をしています。
minnna.bmp
受験生にとっては勉強が中心の夏休みとなります。

だからこそ、いかに休息をとるかという事がとても重要です。

あくまで休息ですから、脳と体を休めることが目的です。

わいわい騒いで楽しむのも時には必要かもしれませんが、それは休息ではありません。

睡眠時間をしっかりととり、体の疲れを取りましょう。

起床の時間や、食事の時間などのリズムを変えずにおくことも大切です。

気になるニュースを探してみたり、時には外に出て自然とふれあい、頭の準備運動をしておきましょう。

たとえば昨日のテレビ番組では、原爆の日に関わる内容が多くありました。朝に外に出てみればこんなものも見られました。
ukasemi.bmp niiniizemi.bmp
左:アブラゼミ 右:ニイニイゼミ

過度に脳を興奮させるのはいいことではありません、かといって全く刺激しないのもどうかというところ。

脳は適度な興奮状態のとき、最も良くはたらき、成長をします。

常にアンテナを張ることをクセ付けし、多少は脳を刺激しておくと良いでしょう。

たまプラーザ校 松林佑季
matsubayashi0715.bmp





カテゴリ:

< 学習時の姿勢を直そう!  |  一覧へ戻る  |  選択肢対策①~+と-に分ける~ >

同じカテゴリの記事

夏の講習開始

昨日より夏の講習が始まっています。
natu1.jpg 蜀咏悄 2017-07-24 19 39 01.jpg 

授業と自習とで朝から晩まで残って勉強している生徒もおります。
蜀咏悄 2017-07-25 16 11 12.jpg 蜀咏悄 2017-07-25 16 11 39.jpg 蜀咏悄 2017-07-25 16 12 00.jpg

やるべきことは盛り沢山です、少しでも自身で考え、自立した勉強をすることが大切です。

鉄能会NEOには「何すればいいですか?」なんて聞いてくる生徒はいません。

自ら考え行動した上で、より具体的なアドバイスを求めるよう指導しているからです。

鉄能会グループの講師は安易な質問には答えません。

質問には質問で返し、子供たちの問題解決思考を育て上げていきます。

この夏をより有意義な時間とするため、講師も生徒も全力で奮闘中です。

鉄能会NEO たまプラーザ校 松林佑季
matsubayashi0715.bmp


インプットからアウトプットへ

アウトプットの重要性を元に各教科の学習指導を進めていることを、当ページで幾度か記載しています。

アウトプットにつなげるためには、インプットにも注意しなければなりません。

覚えるため、身につけるためには、何をすべきか。
例えば、教材に蛍光ペンで線を引く、計算や漢字練習を毎日少しずつ行う等、手法は様々です。

ちなみに蛍光ペンで線を引くのも講師の指導の下で進めさせています。闇雲に引いていては、教材すべてに線を引く、つまり線を引くことが無駄となり、効率的な学習とは言えなくなってしまいます。
20170718①.JPG 20170718②.JPG

多くの中学校の入試問題に長年触れているプロの講師だからこそ、適した指導ができ、第一段階としての「インプット」につながるものと考えています。

そして、最重要視している「アウトプット」。

昨日(7/17)の「自立学習指導」において、社会の地理分野・歴史分野に加え、理科を完成させた生徒もいます。引き続き、社会の公民分野を進行中です。

どの生徒も1ページずつクリアしていくことでの達成感を感じていると思います。
楽しんでいます。
下の写真のように終了したページにを付け、目立つように黄色く塗っています。
20170718③.JPG 
 
一昨日(7/16)には仮想中学入試を行いましたが、9月以降に志望校の過去問演習が毎週あります。
夏の講習も含め、アウトプットの機会を活かし、学習を大いに楽しんでもらいたいと思います。


飯島巧士
01iijima.JPG

鉄能会NEOたまプラーザ校

今年の4月に正式開校し、校舎も随分と賑やかになってまいりました。
新しい画像0715.bmp 新しい画像 (1)0715.bmp
現在に至るまでに、他塾からの転塾をお考えのご家庭から、これから中学受験の準備を始められるご家庭まで、様々なお問い合わせを頂いております。

【転塾、もしくはこれから中学受験をお考えの場合】
まずは学習相談をさせて頂き、現在の学習状況から問題点の把握と解決策のご提案をさせて頂きます。
この学習相談については、入会を前提としたものではありません。ですから状況によっては、通塾をお勧めしない場合もあります。
何よりもお子様自身が一番成長できる環境をご提案差し上げたいと考えております。

学習相談後、適性にあわせて授業を体験して頂き、さらに詳しい状況診断と今後の学習についての提案をさせて頂きます。
また入会に際して、入会審査を別途実施させて頂く場合が御座います。

入会後は学年、コース別に、下記の通りとなります。
■4年生(算数)
鉄能会NEOでは集団授業は算数のみを実施しております。鉄能会グループの特徴である『比の感覚』を重視した指導で、本格的な受験算数に向けた下地を作ってまいります。
集団算数の授業は週1日1コマから成り、2つの時間帯から選択して頂いたうえでどちらかに参加をしていただきます。
また、授業の前後どちらかに質問道場と称して質問時間をとっており、日頃の学習のなかで消化不良を起こすことのないようしております。
授業カリキュラムにつきましては、中学受験算数の重要単元を抜粋した鉄能会NEOオリジナルのものとなります。
選び抜かれた単元を、適宜スパイラル形式で進めてまいりますため、カリキュラムギャップなどの影響を受けにくい進め方となっております。

■5年生(本科)
4科の集団授業での通塾となります。年度の初めは4年生単元を学習し、5年生の夏休みで一般的な学習進度に追いつきます。
集団授業では4教科のほかに、自立学習指導(知識のアウトプットの練習)を取り入れ、より効率的な学習スタイルを学ばせております。
転塾や年度の途中からの入塾者についてはカリキュラムギャップの影響が考えられます。
鉄能会NEOでは集団授業受講者に対し、月に2回の無料個別授業を実施し、カリキュラムギャップの解消や、単元強化などにあてております。

■6年生(本科)
5年生同様、4科の集団授業での通塾となります。年度の初めに4年生単元から再度、総復習をしてまいります。
自立学習指導の時間が5年次の2倍となり、より演習力を鍛えるカリキュラムとなっております。
月2回の無料個別授業がありますため、弱点補強や単元強化にあてることが出来ます。
また、9月以降は自立学習指導の時間を使用して、生徒ごとに志望校の過去問演習を実施していきます。
実施から採点、添削まで全てプロの講師が担当し、解き直しの管理まで責任を持ってさせて頂きます。

■個別指導
小3~中3まで、1:1もしくは1:2の形式で個別指導を受講いただけます。中学生については私・国立中学の生徒を対象とし、体系数学(数学)やプログレス(英語)、バードランド(英語)などにも対応しております。小学生につきましては、志望校対策や、単元毎のより具体的な強化を徹底して行うことが出来ます。

鉄能会NEOでは、『学習=楽しい』を実現し、その場限りでない、本当の学力を育成してまいります。
ご興味をお持ち頂けましたなら、『お問い合わせはコチラ』より、是非お問い合わせください。

鉄能会NEO たまプラーザ校 松林佑季
matsubayashi0715.bmp

「思い出す」習慣

鉄能会NEOの開校から4ヶ月が経過し、生徒たちはこれまでに積み重ねてきたことを徐々に活かせていると感じています。

先日の算数の授業にて「平均」に関する入試問題を使用して、更なる経験を積みました。
 
「平均」の単元は約2ヶ月前の授業で扱ったことから、効率的な考え方・解き方を忘れてしまっているのではないかと感じ、「思い出す」習慣を強めるために入試でも出題される「平均」をこのタイミングで扱ってみました。
 
例えば、以下のような問題。
----------------------------------------------------
ある学級で、男子15人、女子20人が算数のテストを受けました。その結果、学級全体の平均点は80点でした。男子だけの平均点は〔  〕点で、女子だけの平均点より7点低くなりました。〔  〕にあてはまる数を求めなさい。
----------------------------------------------------
 
一般的な解説では左側の写真のように式を使用し、更に文章で表現されます。数値が大きくなり、筆算を何度も行ってしまうのではないでしょうか。また、面積図で解き進める解説もありますが、鉄能会NEOの算数では面積図を使用せず、食塩水(濃度)の問題を解くときと同様、右側の写真のように「てんびん」即ち「比」で解き進めます。非常にシンプルになります。
20170706①.JPG 20170706②.JPG

「てんびん」での解き方を思い出したことにより、平均に関する多くの問題を解き進めることができていました。これは、効率的な解き方で進めていることが要因です。
20170706③.JPG 20170706④.JPG 20170706⑤.JPG
 
①問題を多く解ける
②身について、得点向上につながる
③他の単元(教科)の問題演習に時間をかけられる(①に戻る)

 
「思い出す」習慣をつけることから、より効率的な解き方で進め、大まかに上記①~③のサイクルが実践できます。

夏の講習に入る前に、できる限り多くの「思い出す」習慣を取り入れ、学習の楽しさを感じてもらいたいと思います。


飯島巧士
01iijima.JPG

解き直しノートの重要性


日々の学習において、間違えた問題を、分からないまま放置しないことはとても重要です。
 
生徒たちは間違えた問題のコピーを切り貼りして、その下に解き方を書き込む形で、解き直しノートを作っています。
ノート作りの主な目的は、
・振り返りの時間を作ること
・     分からなかった問題を理解すること
・     授業中のヒント・解き方・考え方を強く印象に残すこと
など、いろいろありますが、他にも使い道があります。

notebook1.bmpnotebook2.bmpnotebook3.bmpnotebook4.bmp
 
解き直しノートは、自分の分からなかった問題が詰まっている、自分のためだけの問題・解説集です。短時間で効率の良い学習をしたいとき、ノートの見直しは、問題集を開いて解くよりも効果があります。
 
次に、解き直しノートはこれまでの成長の記録でもあるということです。模試の結果は、殆どの生徒にとって自分の成長を実感させてくれるものではありません。しかし解き直しノートを見返すと、「昔はこんな簡単な問題も出来なかったのかー。」「ここは苦労したけど、今は大丈夫だなぁ。」と思える箇所がたくさん見つかるはずです。そこに偏差値では表れない自分自身の成長が見えるのです。
 
受験本番の前日、塾講師は生徒から「今日は何をしたら良いですか?」とよく聞かれます。そのとき私は、特別な弱点がある生徒以外には必ず、「解き直しノートを昔のものから見直して、自分が成し遂げてきたことが如何に大きいかを実感してください。」と伝えることにしています。

 全体070101.bmpseito071001.bmp

もちろん、先生は生徒たちが日々成長していることは知っていますよ。
2月1日まで、あと7ヶ月となりました。
 
がんばれ受験生!

鉄能会NEO たまプラーザ校 平岡琢磨
画像:平岡.bmp

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。