HOME > トピックス > 練馬校 > 「時事問題」に興味・関心を持たせる

トピックス

< 「やる気」に火をつける ~授業風景から~  |  一覧へ戻る  |  競争意識を高めよう! >

「時事問題」に興味・関心を持たせる

170516①.jpg 170516②.JPG 170516③.jpg 170516⑤.JPG

日頃、「時事問題」に対する子どもの興味・関心を高めるような働きかけができているでしょうか?
こればかりは我々大人の役割であることを、保護者の皆様にはしっかりとご認識いただければと存じます。

さて、2017年上半期までの「時事問題」といえば、我々の生活に直結しながらも、議論の余地が大いに残るものばかりです。

・憲法改正と9条、24条や26条との関連性
・共謀罪・テロ等準備罪法案を巡る問題

・宅配業界における人手不足問題とサービス見直し
・豊洲への市場移転問題
・天皇陛下の生前退位と、今後の皇室のあり方


昨今の中学入試では、単純なキーワードを書かせるものではなく、
『この社会でどのようなことが起こっているのか、自分自身のアタマでいかに掘り下げて考えているか』
を問われる問題が増えてきています。

具体例ですが・・・
『アメリカオバマ大統領(2016年当時)が広島を訪問した際に発表したスピーチの中で、
日本が受けた悲惨な出来事に対して一歩踏み込んだ発言ができなかったことについて
資料を基に説明しなさい。』

(2017年度 大妻多摩中の問題より一部抜粋・改訂、資料省略)

『2016年の参議院選挙では改正公職選挙法の施行を伴い、日本で初めて18歳・19歳が選挙に参加しました。
18・19歳の有権者数は約240万人とみられ、全世代のわずか2%程度に過ぎませんが、
「選挙結果に対して決して無力ではない」という意見があります。
このように主張できる理由を、資料を基に説明しなさい』

(2017年度 明治大付属明治の問題より一部抜粋・改訂、資料省略)

いずれもキーワードの丸暗記だけで答えることは難しいと分かります。
日頃どれだけ自分自身のアタマで掘り下げて考えているのか、これが正答に近づくポイントです。
ちなみに鉄能会では昨年6月に実施した『ニュース講座』でしっかりと上記話題に触れていました。

6年生は言うに及ばず、5年生、4年生のうちから時事問題に興味・関心を持たせることに早すぎるということはありません。日々ニュースに触れ、大人と意見交換をすることで一般常識力や言語能力も高まります。

ただし、注意点が一つ。「ニュースを見なさい」「新聞を読みなさい」と言っているだけでは、子どもたちはなかなか動きません。周りの大人が率先して子どもと関わり、「言語のやり取り」をしていだだくことが必要不可欠です。

ぜひ、今日からでも親子でニュースについて話し合う時間を取りましょう!

さて、練馬校では7月1日(土)に小6・小5対象の『ニュース丸わかり講座』を実施します。
なお、一般外部生の参加も大歓迎です。
参加をご希望の場合には鉄能会練馬校までお気軽にお問合せ下さい。

練馬校 青木 隆一

カテゴリ:

< 「やる気」に火をつける ~授業風景から~  |  一覧へ戻る  |  競争意識を高めよう! >

同じカテゴリの記事

こだわりの小テスト

鉄能会は日々の小テストにもこだわり170520①.JPGがあります。
 
①     問題文にとことんこだわる
 
小テストだからテキストに乗っている文面そのまま・・・なんていうのはいけません。
子どもたちの語彙力、言語能力の育成を妨げます。テキストや本に載っている文だからと
正しいと決めてかからずに、対象が曖昧な文面や繋がりが不自然な文面を徹底的にチェック
し、作成をしています。
 
② 読みこむほど情報が増える170520②.JPG 

たった三行の問題文でも、読みこめば読みこむほどに賢くなれることを目的に作成しています。
復習になる情報、これから先に学ぶ単元や知識の先取り情報、そして現在話題になっている旬な
情報などなど・・・派生する情報を盛り込み、読み込むごとに情報が増えるように作成しています。
 
③ 複数の単元、広い範囲を何度も繰り返す
 
従来の小テストは前の週に習ったことの復習、つまり1週につき1単元のペースで進めていきます。
これは次から次に新しい単元、復習の繰り返しなので、次の週にはもう忘れている!というよく
あるパターンを引き起こす原因ともなります。170520③.JPG 

同じ復習なら初めから複数の単元、広い単元に設定してしまい、さらにを何度も繰り返させた方が
忘れるリスクは減ります。
効率よく、段階的に記憶に残せるようになるのです。取り組ませ方も大事です。
 
生徒たちが楽しく、興味をもって取り組める。
自然に、さりげなく知識が身につけられる。
小テスト一つにもとことんこだわりを持って取り組ませる。これも鉄能会の日常です。
 
練馬校 青木 隆一

国語の授業から~時代背景を理解する~

今回は、小5国語の授業風景をご紹介致します。

 DSC_0624.jpgDSC_0628.jpg
 
 




先日の授業では、夏目漱石の『坊っちゃん』を扱いました。
その中に、主人公(漱石が自分を投影したとも言われています)が兄から600円を譲り受け、使途(使い道)を寝ながら(時間をかけて)考える、という場面があります。

さて、ここで問題です。兄から600円を譲り受けた主人公は、なぜ使途に困ってしまったのでしょうか。
 
今と当時の貨幣価値は当然違いますから、当時の600円が大金であることは、大人であれば簡単に予測できます。
しかし、子ども達からすると今ひとつピンと来ないものです。
 
そこで、時代背景を理解する必要があります。
先ほども書いた通り、教員をしていた漱石自身が自分を投影したとされているので、1890年代(日清戦争が勃発した当時)、学校教員の初任給は、地域差はあれど8円程度だったとされています。
 
つまり、主人公が手にしたのはその75倍の金額です。
現代の教員初任給が24万円程度ですから、彼が手にしたのは今の1,800万円程でしょうか?
そんな大金を手にしたら、誰でも使途に困ってしまいますよね?
(彼はそれを元手に商売を始めるわけでもなく、教員になるために学校に通います。)

さて、ここまで来れば、主人公が困った理由が分かりますよね。
(解答例)「使い切れない程の大金を手にし、とまどってしまったから。」

このように、今回の問題は、時代背景を理解しているかどうかも問われていたのです。
ちなみに・・・
貨幣価値の知識は、社会の分野でも扱います。明治時代の地租改正と選挙権を考えるときに必要になってきますよ!
DSC_0631.jpgDSC_0632.jpg
 







国語の文章に付随する知識を、子どもたちは目をキラキラさせて聞いていました。
一見難しそうな文章でも、時代背景が分かると読みやすくなります。

教える側の一工夫で、子ども達の取り組みをガラッと変えられるのです。
 
鉄能会では、子ども達に「学習=楽しい」を体感してもらえるよう、講師一同、毎回趣向を凝らした授業を展開しています。
無料体験授業も実施しておりますので、是非ご参加ください。

文系担当講師  奥野功一朗

休みの日も『賢く』育てる

練馬校ではGWのような大型連休、夏休みや冬休みなどの際に生徒たちに170513①.jpg
このような課題を出しています。
 
『出かけた先のチケットの半券を持ってきて下さい。
そしてその場所で何を見てきたかお土産話を聞かせて下さい
お出かけをしていないという人は、どんなことを
して過ごしたかを
聞かせて下さい。』

 

狙いは2つあります。
・生徒たちに『何事に対しても意識を持って見聞きする』習慣をつけること
・見聞を広げることで活きた知識や常識力、そして語彙力をつけること

 
出かける先々で、自ら意識して見聞きしたもの、発見したもの、知ったことは170513②.JPG
強く記憶に残ります。その積み重なりが子どもたちの活きた知識や常識力に繋がります。
新しい言葉や名称を知ることで語彙力も身についてきます。
 
もちろん中にはご両親のお仕事の都合や、習い事の発表会やスポーツの大会などの関係で
出かけられない人もいますがそれでも構いません。
休みの時にどのように過ごし、どのようなことを知ったか、感じたかでも充分に狙いに
対して効果があります。
 
大事なことは『日々を意識して過ごす』ことで様々な気づきや発見を重ねていくことです。170513④.JPG
過去の卒塾生を思い起こしても、成績が伸びる生徒、鋭い思考を繰り出す生徒たちは日々
いろいろな気づきや発見を繰り返していました。
 
そんな知的好奇心旺盛な、柔軟に物事を吸収できる生徒に育てていきたい。
休みの日のお出かけ一つでも、子どもたちを『賢く』することができるのです。
そのきっかけや仕掛けを創り出し与えていくのが周囲の大人の役割です。 

問題を解くだけが学習ではない。
これも鉄能会流です。
170513③.JPG    
練馬校 青木 隆一

社会科も『比』が大事!

受験算数は『比』が大事ということは言うまでもありません。
170410①.jpg実は社会科も『比』が大事なのです。

計算しようというのではありません。
『2つのことを比べて物事を考える』
『比較して、物事を捉える』
という思考が大事だということです。

・良い点と問題点
・賛成意見と反対意見
・利益と不利益
・便利と不便・負担
・必要と不必要


物事には必ず『二面性』がある。そしてそれぞれに理由や背景がある。
こうした着眼点で物事を捉えて考え、表現する。

こうしたことが中学入試の社会科では求められています。

ちなみに鉄能会ではテキスト、プリントに載っていることの解説をいちいちしません。
常に「なぜ?」「どうして?」「その背景は?」「解決方は?」と問いかけ続け、アタマを使わせます。
そして、その考えを発言したり、書きだしたりとアウトプットを徹底させるようにしています。

物事を深く考え、捉え、表現することは社会で生きていく上で不可欠な素養です。
170410②.jpg入試においても、今後益々記述型、問題解決型の問題が増えます。
これから入試でも社会でも、常に「考える」ことが要求されます。
その考えるツールの一つとして『比』が大事、ということです。

どの教科もですが、社会科も暗記だけではもはや通用しません。
早い段階で考える習慣付け、ものの見方を身につけていくことが得策ですよ。

練馬校 青木 隆一

『都道府県王決定戦』を実施しました 

4/8(土)、4年生を対象に『都道府県王決定戦』を実施しました。

受験生たるもの、都道府県名や県庁所在地を覚えるのみならず、漢字で書けるようにしておくことは必須です。
出来れば、4年の早い段階でマスターしておきたいことです。

ただ、「テストだから覚えてきなさい」では、義務感ばかりが募り、嫌々取り組む可能性があります。
また、嫌々取り組むことで作業的な取り組みに終始し、結果、徒労感だけが残るなんてこともありえます。

そうならないようにと仕掛けたのが今回の講座。
『楽しく』取り組むことで自然と覚えていく。
『興味が持てること』で自ら前向きに取り組める。

そうした中で、自然な感じで都道府県をマスターさせる。
これが狙いです。

・ペーパーテスト
170408④.jpg 170408②.jpg

・都道府県〇×クイズ
・となりの県はどこ?クイズ

170408①.jpg 170408⑥.jpg

・都道府県シルエット早押しクイズ
・全国おいしいもの早押しクイズ

170408③.jpg 170408⑤.jpg

などなど・・・テストに留まらず、早押しクイズやフリップボードで答えるクイズなどを採り入れました。
狙ったとおり、参加した生徒たちもノリノリ。
あっという間の90分でした。

相当に気合を入れて練習をしてきた生徒、前日になって慌てて練習をしてきた生徒(笑)など、出来はマチマチでしたが、
一様に楽しそうに、積極的にクイズに答え、テストに向き合っていました。

机に向かってガリガリと解くだけが学習ではありません。
時にはクイズなどで楽しく学習しても良いのです。

大事なことは・・・
・学習には様々なやり方があるということ。
・何より『楽しむ』ことで自然と知識を身につくこと。

生徒たちにそのことをわかってもらい、身をもって感じてもらうことです。

まだまだ、生徒たちに『楽しい』と感じさせられる授業、特別講座を実践していきます。
今後もご期待下さい!!

練馬校 青木 隆一 

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。