HOME > トピックス > 青葉台校 > 小6 合格への最短距離

トピックス

< 小4イベント「レキシとコトバの先生」実施!  |  一覧へ戻る  |  難関校対策・算数特訓講座より >

小6 合格への最短距離

今日は小3,4対象の「思考力アップ パズル講座」と「読解力アップ講座」、そして小6対象の「仮想中学入試」を行いました。

小6の「仮想中学入試」は、今年の2月から毎月2校ずつ志望校や受験の可能性のある学校の過去問を真剣に解いてみるというものです。
2019.4.20①hp.jpg







たまに保護者様から
「過去問を始めるのが早いですね。解けるんですか?」
と聞かれることがあります。

もちろん、合格点が出せるはずもありません。
点を獲ることが目的ではないのです。

では、なぜこの時期から過去問を解かせるのか?

理由は
①学校との相性をみるため
現在の中学入試問題は、学校ごとに問題の傾向が違います。
模試などの偏差値で合否の判定ができないのはこのためです。
(鉄能会は偏差値による進路指導は行いません)
そこで、現段階から色々な学校の過去問にチャレンジし、学校の相性を探っていくのです。

②「解き直し」の練習
9月以降は自分の志望校の過去問をどんどん進めます。
当然、過去問を解いたあとには「解き直し」をします。
しかし、その「解き直し」に『効果があるのか?』、『自分にあった解き直し方法は?』
というのを、9月以降に探っていたのでは受験に間に合いません。
そこで、前期のうちに「解き直し」の練習をするのです。

本日の仮想入試は、本人たちには告知せずに、2月(2ヶ月前)に行った過去問の2回目を実施しました。
この意図は、2ヶ月前に解いた過去問の「解き直し」の効果測定を行うためです。

今回の結果が、前回より大幅に向上していれば効果のある解き直しができているということ。
あまり変わらなければ効果が薄く、万が一下がるようなことがあれば、今行っている「解き直し」は意味がないことがわかります。

小学生の場合、最初は「解き直しをすること」が目的になっています。
要するに、「期限までにとりあえず解き直して提出する」といった感じです。
「意味のある解き直しをしろ」といっても、なかなかその真意が理解できません。
そこで、今回のように一度解いた問題を利用して「解き直し」の効果測定をすることで、自分では「ちゃんと解き直しをした」と思っていても、結果が出なければ「やり方を変えなきゃ」と理解してくれるのです。
そして、「次につながる解き直し」を模索するようになります。

これらを前期中(2~7月)に行うことで、9月以降の過去問演習がより効果的になるわけです。

2019.4.20②hp.jpg









受験生に残されている時間は限られています。
先を見据えて、今やるべきことをしっかりと進めることが、志望校合格への「最短距離」になるのです。

鉄能会 青葉台校 中桐 義博

中桐①hp.JPG

カテゴリ:

< 小4イベント「レキシとコトバの先生」実施!  |  一覧へ戻る  |  難関校対策・算数特訓講座より >

同じカテゴリの記事

楽しく学ぶイベント講座

本日は、新小3,4対象の国語読解力UP講座、と思考力UPパズル講座(算数)のイベント講座を行いました。

鉄能会の読解力講座は単に国語の文章題を解くのではありません。
今日は、各自読解問題を1枚(問題数は5~8問程度)を解き、先生による採点、間違えていたら直しをして、全問クリアーしたら、オセロの要領でマスを獲得していくというルールで講座を行いました。

2019.4.13①hp.jpg







国語の読解問題は、単に解かせると3枚ほどで集中力が切れてしまいます。
しかし、この戦いはプリントを早くクリアーすれば周りの友達たちより多くマスを獲得できます。
※順番に取るのではなく、クリアーした順に取っていくルールです。
そのため、みな集中力が切れません。どんどん解いていきます。
しかも、オセロのルールでマスを取り合うため、国語が苦手でも後から一気にマスを取ることも可能です。
だから諦める生徒もいません。

本日の読解力講座も盛り上がり、最大で26枚のご褒美をもらっていました。
※鉄能会にはご褒美シールというものがあるのです。

すごく集中し、一人15枚以上解いているにも関わらず、「またやりたい!」と言ってくれました。
勉強はやらせ方で楽しくなるものなのです。

2019.4.13②hp.jpg









↑こちらはパズル講座の様子

来週の土曜日(20日)も国語読解力UP、思考力UPパズル講座ともに開催します。
ぜひ鉄能会のイベント講座に参加して、楽しく頭を鍛えてみてください。

鉄能会 青葉台校 中桐
中桐①hp.JPG

春の講習スタート

本日より春の講習が始まりました。
といっても集団指導は来週からです。
本日は、小6の個別指導が中心でした。
ですが、さすがは受験生。個別指導がなくてもほぼ全員が来会し、各自課題に取り組んでいました。
この春休みの期間で今までに習ったけどあやふやになっているところを固めなければなりません。
今日のように授業だけでなく、自習室を利用させ自分自身の課題克服に取り組ませていきます。

2019.3.23hp.jpg







↑これは先日行った新小4の無料イベント講座の様子です。
小3,4の頭の柔らかい時期には多くの知識・考え方が素直に入ります。
ですが、そこに「楽しさ」がないとつまらなく感じてしまい、勉強自体を嫌いになりかねません。
だから、鉄能会ではイベント講座だけでなく、普段の授業も講師の一方的な「講義」ではなく、楽しみながら頭を使って学習させます。だから、鉄能会の生徒は勉強が好きになるのです。
鉄能会の楽しみながら賢くなる授業をまだ体験されていない生徒は、ぜひ1度体験してみてください。

★☆★☆鉄能会の春の講習★☆★☆

★新小3
□受験準備(集団指導 算数、国語)
□日程
・国語 3/26、3/28、4/2、4/4
・算数 3/27、3/29、4/1、4/3
□時間
全日 12:50~14:00

★新小3 鉄能会初めてキャンペーン★
鉄能会の集団指導に初めて参加される方は・・・
70分×2コマ 受講料無料
※上記の日程の中から2日間に無料でご参加頂けます。

★新小4
□受験本科(集団指導 4科)
□日程
前期コース(4日間)3/26~29
後期コース(4日間)4/1~4
※前期・後期は同じ内容です。どちらかをお選び頂けます。
□時間
全日 9:30~12:00(1日 70分×2コマ)
★新小4 鉄能会初めてキャンペーン★
鉄能会の集団指導に初めて参加される方は・・・
4日間 受講料無料
※前期または後期の4日間を無料でご参加頂けます。

★新小5
□受験本科(集団指導 4科)
□日程
前期コース(4日間)3/26~29
後期コース(4日間)4/1~4
※前期・後期は同じ内容です。どちらかをお選び頂けます。
□時間
全日 9:30~15:20(1日 70分×4コマ)
★新小5 鉄能会初めてキャンペーン★
鉄能会の集団指導に初めて参加される方は・・・
4日間 受講料無料
※前期または後期の4日間を無料でご参加頂けます。

鉄能会の春の講習に参加を希望される場合は、校舎までご連絡またはHPよりお問い合わせください。

鉄能会 青葉台校 中桐 義博
中桐①hp.JPG

中学受験を成功させるために

青葉台校の受験生(新小6)たちは毎日のように自習に来て各自の課題を進めています。
2019.3.16③hp.jpg









中学受験塾では新学年になるのが2月です。
本日が3月16日・・・ということは、すでに新学年になって1ヶ月半が経っているのです。
「1年後は自分の番だ」と思っていた受験本番が着々と近づいているのです。
「受験にはまだ時間がある」と考えていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

受験生は自分がすべき学習に「優先順位」・「期限」などを設定して学習を進めることが大切です。
スケジュールを立てるのです。

次回の授業までのおみやげ(宿題)、小テストに向けた準備、返却された小テストの直し、仮想入試の解き直し、理社の知識補填学習etc・・・
2019.3.16hp.jpg2019.316②hp.jpg









やるべきことが何でどのくらいの量があるのか、期限はいつまでなのかなどをしっかりと自分自身で整理し、それを1週間の中で振り分けていくと、時間が限られていることに気づきます。
そうすると日々の行動が変わります。集中力が増し、本気で取り組みます。
中学受験を成功させるためには「自立」と「自覚」が大切なのです。
親が管理する勉強では本気になりきれない理由がここにあるのです。

鉄能会は中学受験を通して「自立」を促します。
それが中学受験を成功へと導く最短距離なのです。

鉄能会 青葉台校 中桐 義博
中桐①hp.JPG

イベント講座の様子

本日は新小3,4対象の思考×試行パズル講座を行いました。

2019.3.9②HP.jpg







この講座は毎月定期的に行っており、本日の参加生もみな頭をフル回転させて問題に取り組んでいました。
問題を解いているときに、一人の女の子が
「私、難しい方が好き」
と言いました。
頭を使って考える習慣がついてくると簡単に解ける問題より、ひたすら考える問題の方が楽しくなります。
この習慣を小3,4のうちにつけられると、将来入試問題で難問が出てきても諦めずに考え抜けるのです。
むしろ、難関校の問題を解くことが楽しく感じられるようになるのです。

鉄能会の「頭を鍛える」パズル講座、ぜひ参加してください。
次回は、①4月13日(土)9:30~、②4月27日(土)9:30~を予定しております。
※参加希望の方はHPよりお申し込みください。

また新小3,4のパズル講座を実施している頃、別室では新小6の生徒たちが受験に向け各自の課題を進めるために自習していました。
もちろん今日(土曜日)だけではありません。多くの小6の生徒たちが授業がない日も塾に来て自習しています。
ただ宿題(おみやげ)をするために来ているのではありません。
自らの弱点克服のための学習をしに来ているのです。
それぞれの生徒が、「今日はこれをする」という目的を持って自習しています。
徐々に受験生の姿になってきました。

2019.3.9①HP.jpg









我々は彼らがしっかりと結果を出せるようにサポートしていきます。

鉄能会 青葉台校 中桐
中桐①hp.JPG

学習イベントの様子

本日は新小6では「仮想中学入試」、新小3,4では「パズル道場」の無料学習イベントを行いました。

<新小6 仮想中学入試 >
鉄能会では偏差値に頼った指導は行いません。
なぜならば、現在の中学入試の問題は学校ごとの個性が非常に強く出ており、一般的な問題で構成されている模擬試験の問題では、合否の可能性の判断がしにくくなっているからです。やはり、正確に可能性を判断するには志望校で行われた入試問題を解いてみることです。
そこで、鉄能会の新小6は2月から始める「仮想中学入試」を利用して、志望校合格に向けて自分自身に足りない教科・単元を発見し、また、学校ごとの相性などを見ていきます。
もちろん、この時期に過去問を解いて合格点が取れるとは思っていません。
それよりも弱点を発見したり、相性を見ていくことが大切なのです。

来週も行いますので、鉄能会の「仮想中学入試」に参加してみたいという方はHPからお問い合わせください。

2019.2.23②hp.jpg







<新小3,4思考力アップ「パズル道場」>
新小3,4の「パズル道場」も鉄能会らしく楽しみながら頭を使っていました。
帰り際に、参加した生徒が「ちょー難しかった!」と笑顔で叫んでいました。
表情と言葉が矛盾していますが、これが鉄能会の思考力を鍛えるパズルなのです。
楽しみながら頭を鍛えたい!という方は、ぜひ鉄能会のパズル道場に参加してみてください。

こちらも3月にも行いますので、青葉台校の3月イベント情報をチェックしてください。

2019.2.22①hp.jpg







鉄能会 青葉台校 中桐 義博
中桐①.JPG

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。