HOME > トピックス > たまプラーザ校 > 添削指導の効果

トピックス

< 【卒業生来訪】大学合格の報せ②  |  一覧へ戻る  |  理社・基礎チャレ始動! >

添削指導の効果

春の講習も6日目を終え、集団指導は残りあと2日間のみとなりました。

連日の授業を通して、日々前進しているのを強く感じます。

午後の国語の授業で特別に60問の漢字テストを実施するため、お昼の休憩時間も事前確認に時間をかけて、「1点でも高い得点を取る」と意気込んでいるのが伝わります。
20190402①.JPG

当トピックス欄の3/16において4年生の奮闘を紹介した中でも書いた通り、鉄能会、及び鉄能会NEOでは、「トメ」「ハネ」「はらい」はもちろん、線の長さ、線を書き始める位置などの字のバランス、句点に至るまで、厳密な基準を設け、正しい漢字に書き直しする取り組みをしています。
20190402②.JPG 20190402③.JPG

上記写真のように添削して生徒に返却することで、細かいことに注意を払うようになり、他教科の学習にも活かされて、能力が向上していくのです。

こうした「添削」の取り組みは、9月以降の志望校の過去問演習でも行っていきます。

そうして、最終的な私立中学校の入試結果につながっていきます。

その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

カテゴリ:

< 【卒業生来訪】大学合格の報せ②  |  一覧へ戻る  |  理社・基礎チャレ始動! >

同じカテゴリの記事

「自立学習指導」の成果を試験につなげる

今年度の授業が始まってから、約3ヶ月経過しました。

4年生も毎週の学習習慣が確立していき、一歩ずつ力をつけています。

5、6年生も含めて、ゴールデンウィークの期間、少しでも「力」を伸ばして欲しいと思います。
各学年、教科や内容は異なりますが、課題(おみやげ)を出していますので、しっかりと取り組んでください。
右側の写真のように、提出の管理もしっかりと行います!!
20190427①.JPG 20190427②.JPG

5、6年生の課題内容は「自立学習指導」の延長となりますが、更なる問題演習(アウトプット)を通して自分の弱点を再確認し、1つでも多くの弱点を無くし、今後の模擬試験や最終的な入試の結果につなげていきましょう!

その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
 
たまプラーザ校は428日(日)~55日(日)の期間が休校となります。
56日(月)13時より開室の予定)
資料請求などのお問い合わせは、当鉄能会ホームページよりお願いします。
鉄能会生の保護者の方は何かございましたら、たまプラーザ校メールBOXまでご連絡いただけると幸いです。(返信が56日以降となることをご了承ください)


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

速く読むために ~速読講座~

日本人が1分間に読める平均字数は400~600文字といわれています。

文庫本1ページの平均の文字数が600文字程度ですので、1分間に1ページ読んでいるとイメージしていただくとよいと思います。

中学受験の国語では概ね3000文字です。全て読むと5分程度かかります。
「説明的文章」と「文学的文章(物語文)」の2題出題されれば、その2倍(10分)です。

多くの学校の国語の試験時間が50分間と、時間が限られているため、可能な限り速く読み、問題を解くことに時間をかけ、見直しにも時間をかけたい---

鉄能会NEOでは56年生では「速読講座」を授業の一環として(4年生は選択講座として)設定し、iPadを活用して、ゲーム感覚も取り入れ、読むスピードを高めるトレーニングを進めています。
20190419①.JPG 20190419②.JPG

「速読」の能力を高める上で大切なポイントは以下の通りです。
①読むスピードをつける
②視野を広げる
③音声変換をしない(黙読のみで読む)

「速読講座」の中で、国語における語彙のトレーニングや、理科・社会の基礎知識のチェックも5月より進めていく予定です。
20190419③.JPG

これが、最終的な私立中学校の入試結果につながっていきます。

その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

「速さ」の問題は『比』が命

6年生の算数の単元別演習の授業で「速さ」に関する問題を扱いました。
 
----------------------------------------------------
たろう君は、家から2400mはなれた駅まで行きました。家から途中にある郵便局までは分速80mで歩き、そこから駅までは分速140mで走ったところ、家から駅まで21分かかりました。
(1) 分速140mで走った時間は何分ですか。
(2) 家から郵便局までの道のりは何mですか。
----------------------------------------------------

入試問題だけでなく、模擬試験でも出題される典型的な問題です。

市販されている問題集の解説では以下のように表されていました。
----------------------------------
つるかめ算を用いて以下のように考えます。
(1)
21分間、分速80mで歩いたときの道のりは、80×21=1680m
2400mよりも2400-1680=720m少ない
720÷(140-80)=12分
(2)
家から郵便局までは歩いたため、その時間が21-12=9分間
歩いた道のりは80×9=720m
----------------------------------
 
上記の解き方でも間違ってはいません。速さの問題で「つるかめ算」を使っており、応用的ともいえます。ただし、その必要は無いのではないでしょうか。

以下の写真のように、簡単に図をかいて「比」を活用することで(1)も(2)も効率よく解けるようになります。
図で表すことで理解度も高まりますし、万が一の「ミス」にも気づきやすくなります。
20190413①.JPG
(図の中で○や□で表しているのが「比」となります)

上記の問題だけでなく、グラフ(ダイヤグラム)の問題では以下のように相似、つまり「比」の活用が目立ちます。
20190413②.JPG

「速さ」に関する問題を苦手とする受験生が多いと耳にします。
ただし、「速さ」に関する多くの問題で「比」を活用することで効率よく解き進められるのです。「苦手」とはならないと考えています。


鉄能会グループの6年生は「比」を活用して学習を進めてきたことを活かし、問題文にも注意して挑戦を続けています。

「比」を使った「ブレのない解法」これが鉄能会の算数の強みであり、鉄能会グループの生徒たちが算数に強い秘訣なのです。

「受験算数は『比』が命」です。

「もっと得点を伸ばしたい」という算数が得意なお子様から、「算数が苦手で・・・」「算数が伸び悩んで…」と困っているお子様まで、ぜひ一度鉄能会の「比で解く算数」を体験授業に参加して体感してみてください。
きっと今までの算数との違いを感じてもらえるはずです。

勿論、算数に限らず中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

「春の講習」で更なる前進

春の講習も3日目が終了しました。
各生徒、中学受験に向けて、課題克服、学力向上を狙いとして連日の学習に励んでいます。
20190328①.JPG 20190328②.JPG

集団指導だけでなく、個別指導も活用して、入試問題を中心として多くの経験(演習)を積んでいます。

また、5、6年生はお昼の休憩時間が50分間あり、昼食をとることはもちろん、午後の授業に向けた基本事項の確認や各教科のおみやげ(課題)、模擬試験の解き直しなどにも取り組んでいます。
20190328③.JPG

時間を有効に活用し、講師へ質問をする生徒も目立ちます。

鉄能会での1つ1つの取り組み、更にその達成感が「学習=楽しい」ということにつながっていきます。
小さなことでも、「楽しい」ことの積み重ねを通して前進していき、学力向上につながっていくのです。




新小学3~5年生は、4月1日(月)~4月4日(木)に「春の講習『後期』」の授業があります。(『前期』と同じ内容)
■鉄能会NEOが初めての方は授業料無料で受講が可能です
■授業時間帯など
 □新小3(70分×1コマ×2日間)→9:30~10:40
  ・国語 4/1、4/3(どちらかを選択)
  ・算数 4/2、4/4(どちらかを選択)
 □新小4(70分×2コマ×4日間)→15:40~18:10
  ・「国語・算数」「社会・理科」各2日間
 □新小5(70分×4コマ×4日間)→9:30~15:20(昼食休憩・・・12:00~12:50)


席に余りがありますので、受講ご希望の方は校舎までご連絡、またはHPよりお問い合わせください。
※3/30(土)、3/31(日)は校舎が休校となっております

その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

図をかく習慣

先日の6年生の授業で「ニュートン算」を扱いました。

中学校の入試問題を確認すると、「ニュートン算」は後半の問題で大問として出題されることが多いです。
そのため、「基礎的な問題」というより「応用的な問題」と見られている傾向があります。
難関校、上位校、中堅校などの学校のレベルも問わず、出題されています。(毎年のように出題している学校もあります)

苦手と感じている受験生も多く、「捨て問」としてしまう受験生もいるようですが、図で解き進めることに慣れてしまえば自力で解けるようになり、得点向上につながります。

多くの問題集の解説では式や文章で表されており、また線分図などを使って表している解説もありますが、鉄能会及び鉄能会NEOでは、以下の写真のような図をかいて考えています。
20190322②.JPG
 
問題によっては様々な表現やアプローチで出題されています。
問題文を読みながら図に数値などをかき込み、出題方法に応じて若干修正していけば難しくはありません。特徴的な図のため、記憶に残りやすいものとなっています。

「ニュートン算」に限ることなく、図をかいて考えることで、どこに数値を埋めるべきかが明白になり、式や文章で表すよりも解き進め易くなります。
そして、「解ける」ことを実感でき、演習量も増え、楽しんで学習を進められます。

まさに「学習=楽しい」が実現できます。

応用的なレベルの入試問題でも得点を向上させるため、鉄能会及び鉄能会NEOの算数では図をかく習慣が重要であると考え、日々の指導に当たっています。そして比を活用して効率よく解き進めることを習慣としています。


「もっと得点を伸ばしたい」という算数が得意なお子様から、「算数が苦手で・・・」「算数が伸び悩んで…」と困っているお子様まで、ぜひ一度鉄能会の「比で解く算数」を体験授業に参加して体感してみてください。
きっと今までの算数との違いを感じてもらえるはずです。

勿論、算数に限らず中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。