HOME > トピックス > たまプラーザ校 > 「受験おつかれ様会」

トピックス

< 新学年 授業スタートしました!  |  一覧へ戻る  |  【卒業生から新小6受験生へのエール】 >

「受験おつかれ様会」

2月16日(土)卒塾生(6年生)が参加して「受験おつかれ様会」を開催しました。
進学先も決まり、良い意味での開放感もあり、活気あふれる会となりました。

共に学んできた仲間たち、授業を担当した講師への寄せ書きを書きました。
時間をかけて書いてくれたこともあり、感動的なコメントが多く、宝物です!
大切にします!!

また、「鉄能会NEO選手権」と題したクイズ大会を行い、全員でダルマにもう片方の目を入れました。お菓子も皆で頂きながら、楽しく過ごせました。
20190218①.jpg

20190218②.JPG 20190218③.jpg

終始、受験結果や進学先の話題が中心でした。
中学校でのオリエンテーションなどがあり、既に次なるステージにて、学習を進めています。


最後に、卒塾生諸君へ
中学受験、本当にお疲れ様でした。
君たちは、厳しい受験をしっかりと闘い抜きました。
それを誇りに、今後も頑張り抜いて欲しいと思います。

まずは、休息をしっかりととってください。
そして、いつも支えてくれたご家族の方に感謝の気持ちを持ち、それを継続していってください。
また、これまでの取り組みを忘れることなく、楽しみながら学習に励んでください。

中学校での最初の試験の成績表、期待して待っています。持参してください(笑)
6年後」につなげるためにも、入学する前の2月、3月で弾みをつけて、中学校に進学しよう!


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

カテゴリ:

< 新学年 授業スタートしました!  |  一覧へ戻る  |  【卒業生から新小6受験生へのエール】 >

同じカテゴリの記事

図をかく習慣

先日の6年生の授業で「ニュートン算」を扱いました。

中学校の入試問題を確認すると、「ニュートン算」は後半の問題で大問として出題されることが多いです。
そのため、「基礎的な問題」というより「応用的な問題」と見られている傾向があります。
難関校、上位校、中堅校などの学校のレベルも問わず、出題されています。(毎年のように出題している学校もあります)

苦手と感じている受験生も多く、「捨て問」としてしまう受験生もいるようですが、図で解き進めることに慣れてしまえば自力で解けるようになり、得点向上につながります。

多くの問題集の解説では式や文章で表されており、また線分図などを使って表している解説もありますが、鉄能会及び鉄能会NEOでは、以下の写真のような図をかいて考えています。
20190322②.JPG
 
問題によっては様々な表現やアプローチで出題されています。
問題文を読みながら図に数値などをかき込み、出題方法に応じて若干修正していけば難しくはありません。特徴的な図のため、記憶に残りやすいものとなっています。

「ニュートン算」に限ることなく、図をかいて考えることで、どこに数値を埋めるべきかが明白になり、式や文章で表すよりも解き進め易くなります。
そして、「解ける」ことを実感でき、演習量も増え、楽しんで学習を進められます。

まさに「学習=楽しい」が実現できます。

応用的なレベルの入試問題でも得点を向上させるため、鉄能会及び鉄能会NEOの算数では図をかく習慣が重要であると考え、日々の指導に当たっています。そして比を活用して効率よく解き進めることを習慣としています。


「もっと得点を伸ばしたい」という算数が得意なお子様から、「算数が苦手で・・・」「算数が伸び悩んで…」と困っているお子様まで、ぜひ一度鉄能会の「比で解く算数」を体験授業に参加して体感してみてください。
きっと今までの算数との違いを感じてもらえるはずです。

勿論、算数に限らず中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

小テスト(基礎知識の積み重ね)

今年度の授業が始まって5週間が経過、1週間後には春の講習期間に入る時期です。

新小学4年生(以下、「4年生」と表します)も通塾に、そして受験に向けた学習に少しずつ慣れ、各教科の普段の授業、授業にて課される「おみやげ」を通して、日々前進しています。

4年生は5月より月例テストを実施していく予定ですが、小テストは1週目より始めています。

以下は小テスト(国語)を実施しているところです。
20190316①.JPG

生徒の実際の解答用紙を掲載することはできませんが、1回目のテストでは解答欄を埋めることも困難な状況でした。5週間経過し、経験を積み重ね、自分自身でもどう進めて行くべきかを学んできているため、5回目のテストでは全員が自己最高得点を出しています。

多くの私立中学校がある中で、細かい部分の採点基準は異なります。

そのため、鉄能会、及び鉄能会NEOでは、「トメ」「ハネ」「はらい」はもちろん、線の長さ、線を書き始める位置などの字のバランス、句点に至るまで、厳密な基準を設け、正しい漢字に書き直しする取り組みをしています。
こうしていくことで細かいことに注意を払うようになり、他教科の学習にも活かされて、能力が向上していくのです。

4年生の初めの時期からこの取り組みを継続させていくことで、1、2年後に受験する外部模擬試験や最終的な私立中学校の入試結果につながっていきます。

その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

「個別指導」の活用 ~受験体験記より~

今回は卒塾生と保護者の方に書いていただいた「受験体験記」を紹介したいと思います。
今回の生徒は、小6の春の講習より他塾から鉄能会NEOに転塾した経緯があります。

【本人】
鉄能会NEOでの学習で、苦手だった算数で得意分野を多くすることができました。先生の解説はとても分かりやすく、図や表をかいて比を活用しているため、どのようにして解いたらよいのか頭に入り、後々に残りやすいものでした。
最後の入試のときには沢山の先生が応援に来てくれて、実力を発揮することができました。本当に嬉しかったです。有難うございました。


【保護者様】
6年生になる春休みに、他塾から転塾してきました。受験をやめることも検討した時期もありましたが、鉄能会NEOの「春の講習」に通い、本人がここに通いたいと言い、お世話になることになりました。
通い出してからは、先生方の丁寧なご指導のおかげと、個別指導の時間があることも本人にとっては良かったようで、受験に向けた学習が「楽しい」と言うようになりました。少人数制であることも本人にとって良かったのか、授業のない土日等も積極的に自習に行くようになり、安心した気持ちで息子を応援することができました。
受験の日程や学校についても、親身になって考えてくださいました。入試の朝も何度も励ましていただき、心より感謝いたします。有難うございました。



鉄能会NEOの受験本科を受講している生徒は、毎月2回(80分×2回)の「個別指導」を実施しています。
20190309①.JPG 20190309②.JPG

小学6年生は、今後力試しとなる模擬試験を受験する機会が多くなります。
そして模擬試験だけではなく、9月からは志望校の過去問演習を進めます。「個別指導」ではその解き直しも取り入れ、その他単元別演習など更なる強化に取り組んでいきます。
「集団指導」は勿論、「個別指導」も活用して入試に向けて前進していくことができます。

特に算数は解説書を読んだだけでは理解できない内容もあります。そのため、担当講師からのヒント(フォロー)が必要なときもあります。
その際には、できる限り効率的に学習が進むよう「比」を活用しているかミスを防ぐために丁寧に数字や図をかいているか、など細かい部分まで確認しながら修正をかけていきます。

鉄能会NEOでは月2回の「個別指導」を授業の一環として設定し、講師の管理の下で個々の学習を進めています。
そして、「個別指導」で得た力も、最終的な入試につなげていきます。

その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。


鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

自立学習指導(アウトプットの積み重ね)

新小学5年生、新小学6年生の授業が始まってから2週間が経過しました。
「自立学習指導」もドンドン進めています。
20190222①.JPG 20190222②.JPG

鉄能会NEOでは「自立学習指導」を授業の一環として設定し、入試問題に重要な位置を占める基礎事項を中心として取り組み、講師の管理の下で個々の学習を進めています。

「自立学習指導」が70分間の日と140分間の日がありますが、無駄の無いよう、生徒個々の状況に応じて講師がリードして進めています。

特に新小学6年生は夏の講習に入る前に基礎事項を確立させておくことで、9月以降の志望校の入試問題演習にスムーズにつなげることができます。

鉄能会NEOでは、「インプット」(覚えること)も重要ですが、それよりも「アウトプット」が重要であると考えて指導しています。
20190222③.JPG 20190222④.JPG

言うまでもなく、受験本番においては表現する(解答欄に書く)ことが求められます。

日々の取り組み(アウトプットの積み重ね)が、志望校の入試問題演習、そして入試本番での得点向上に直結します。
講師との二人三脚で、結果につなげていきます。

その他中学受験に関することでお悩みがございましたら、予約制の学習相談(無料)も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

2019年度授業開始!

入試期間を終え、2月8日(金)より2019年度の授業が始まりました。

新6年生は、入試を終えた「6年生」に続くように、各教科の学習を始めました。

新4年生や新5年生も、集団指導はもちろん、個別指導でも奮起しています!
20190209①.JPG 20190209②.JPG

入試期間に時間を持て余すことなく、新6年生は個別指導や自習で来会し、もっと賢くなりたい、もっと強くなりたいという意識の高さを感じさせてくれました。
約1年後、しっかりと結果につなげてくれるでしょう!!

講師陣も、掲示も活用して、しっかりと学習管理を進めていきます。
20190209③.JPG

鉄能会NEOたまプラーザ校 教室長 飯島巧士
03iijima.JPG

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。