HOME > トピックス > アーカイブ > 九品仏校

トピックス 九品仏校

「レキシとコトバの先生」&「パズル講座」

5月18日(土)に、自由が丘校にて4年生を対象とするイベントを実施しました。
今月は「レキシとコトバの先生」と「パズル講座」の2本立てです。

さて、「レキシとコトバの先生」では、ある歴史上の人物をピックアップして学習していきます。
520.JPG
パワーポイントを利用し、人物や時代背景などを紹介しながら興味を引き、さらに説明文を使用した演習を行って読解力も磨いていくという、欲張った講座となっています。

「え~男なの!?」・・・今回は「蘇我馬子」が人気だったようです(笑)。
5204.JPG
また意外なところでは、冠位十二階の「色」について非常に興味を惹かれていたようです。
「知らないことを知る」というのは本当に楽しいものなのですね。1時間があっという間に過ぎていきました。


次の時間は定番の「パズル講座」を行いました。
5203.JPG 5202.JPG
先ほどの時間とは打って変わって、「試行」と「思考」を繰り返し、頭をフル回転させながらのチャレンジです。
70分という、4年生にとってはかなり長い時間のはずですが、今回も静寂の中、途切れることなく非常に集中して取り組んでくれました。
きっと、とっても頭が疲れたことでしょう。


次回のイベントは5月25日(土)9:20から、自由が丘校にて3年生と4年生を対象とした「レキシとコトバの先生」&「パズル講座」を実施いたします。(詳細はイベント案内をご覧ください)
今回同様、楽しいイベントとなっておりますので、興味のある方はHPからお申込ください。

HP顔写真[たて]【宮田】.jpg
九品仏校 教室責任者
宮田亮

アウトプット学習

学習の効果を上げるには、「インプット」と「アウトプット」のバランスをとることが大切です。
このことは、以前から様々な場面で言われており、意識して学習を進めているご家庭も多いかと思います。
しかし、「頑張っているのに思うように成績が上がらない」というご相談を受ける際、アウトプットへの認識に誤りのあるケースが多いのも事実です。

一番多いのが、「まずしっかりインプットしてからじゃないとアウトプットできない」という意識が強すぎるということ。
実際、お子様はしっかりと授業を受けているのに、家でおみやげ(課題)に取り組んでみるとなかなか解けないこともあり、ついつい「授業をちゃんと聞いてないからよ!」などと言ってしまうケースが典型かもしれません。

よく考えてみれば、1回の授業をその場で完璧に身に付け、自宅での課題を1回でこなす、などということはありえませんし、もしあったとしたらその学習内容は易しすぎて、能力アップには効果がないともいえるでしょう。

ポイントはインプットとアウトプットをこまめに行うことです。

1905071.JPG
アウトプットというのは、なかなか1人で気軽に出来るものではありません。そこで鉄能会では、「解く」→「ヒントをもらう」→「解く」→「丸付け」→「直す」→「質問する」→・・・といったことを繰り返しながら、「自力で仕上げる」学習を基本としています。

5年生の算数では、授業で学んだことをひとに説明する、というおみやげ(課題)も出しています。
1905072.JPG
いってみれば「プレゼンテーション」のようなもので、究極のアウトプット訓練といえるかもしれません。

また、カリキュラムにおいても「短期スパイラル」を重視し、「思い出しながら」演習するという機会を多く持っています。

とかくインプットに偏った学習は思考力を奪いがちです。
上手にアウトプットを繰り返しながら、確実に能力値をあげていくことこそ、「楽しい」と思える学習へとつながっていくことでしょう。

九品仏校 教室責任者 宮田亮
HP顔写真[たて]【宮田】.jpg

ミス問こそ「宝物」である

普通、人は倒れたとき、必ず立ち上がろうとするものです。
我々はその力を信じ、口癖のように「ミスした問題こそ君達の宝物なんだよ」と伝えています。

鉄能会では積極的に「バツをつけて考えさせる」指導を行っています。
ただ、ここでいう「バツ」とは、教えられたことが出来なかった(失敗した)からつけるバツではなく、あくまで「理解不足や注意不足をチェックし、修正するためのバツ」ということになります。

これは「バツを丸にする」ために考えることこそ、最も効果的な学習であると考えているからです。

1904151.JPG 1904152.JPG
例えば、計算練習はやったらすぐに、バツ付けをして直しをします。
そして、ミスには必ず原因があるものです。
自分で気がつき、自らチェックする姿勢が大切です。

1904154.JPG 1904153.JPG
漢字などのように、自分ではなかなか間違いに気づかないものについては、細かい添削をいれ、必要な練習を指導しています。

考えてみれば、いずれも当たり前のことなのかもしれませんが、日頃から「当たり前のことをきちんとできる」までしっかり指導していくことを大切にしております。
これからも「ミス」を最高の「宝物」にするため、一人ひとりを見据えた指導を心がけてまいります。

九品仏校 教室責任者 宮田亮
HP顔写真[たて]【宮田】.jpg

復習ノート

学んだことを定着させるための復習が大切なのは言うまでもありません。
しかし、やみくもに演習を繰り返すといった「量に頼った学習方法」では、かえって定着率が下がるものです。

先日の5年生の理科の授業で、「復習ノート」の作り方を学びました。

1903165.JPG 1903161.JPG

このノート作りの目的は、自分の間違いに気づき、足りない知識が何かを明確にし、一人ひとりが「必要なものを必要なだけ」学び取ることで定着率を高めるという点にあります。それと同時に、その作業過程においては思考力の伸長も図ることができます。

1903162.JPG 1903163.JPG

新5年生の今の時期、まだ慣れない作業に四苦八苦する生徒も見受けられましたが、集中して頑張ってくれました。
自ら考えて吸収したものは必ずや力となっていくことでしょう。
そして6年生になって過去問に取り組む際、ここで得た学習法が志望校への距離を縮めることに役立ってくるはずです。

1903164.JPG

これからも「量より質」にこだわった指導を展開してまいります。

九品仏校 教室責任者 宮田亮
HP顔写真[たて]【宮田】.jpg

「試行」と「思考」を育てる ~小5特訓講座にて~

水曜日と土曜日は小5特訓講座を実施しています。
水曜日のクラスはハイレベルな問題を扱っており、今週は慶應中等部の入試問題に挑戦しました。
子どもたちは「お父さんの母校だ」とか「慶應!?すごいな、できるかな?」などテンションがかなり上がっておりました。

0316k1.JPG 0316k2.JPG
 
まずは計算問題からですが、今までに見たことのないような長い式。
でも、じっくり見てみると手順が分からないものはないので解けます。
「見た目は難しそうだったけど、実際に解いてみると楽勝だった!」とほとんどの子がきちんと解けておりました。これは学校の名前が入ったことでいつもより集中して解いていたのがよかったのでしょう。
間違えたくない、慶應に勝ちたいと思う気持ちからか、見直しを何度もしている様子がありました。
普段からこの集中力を是非発揮してくださいね(笑)
 
ここからが本題。文章題に進みます。
出題の形式がテキストとは異なることに気付いたようです。
「どうやって解くのだろう?」と悩んでいる様子がありました。
さすがに簡単な問題ではないので、スラスラ解ける生徒はいません。
 
このようなときに一人ひとりの考える姿勢がよくわかります。
文章を眺めて悩み続ける生徒、とりあえず計算してみる生徒、試しに色々な数字を当てはめて検証してみる生徒。
「思考」は大事ですが、それに加えて「試行」ができる生徒は伸びます。「思考」習慣だけでなく、「試行」習慣も大事なことです。
手と頭を動かし続けた生徒は解法に気付き、問題を解くことができていました。
 
そして解けた生徒の様子を確認してからヒントを小出しにしていきます。(解けた生徒はきちんと見直しをしてから次の問題へ進みます)
第1ヒントで気付く生徒、第2ヒントで気付く生徒・・・。
鉄能会では最初から解法を丸々解説するということはありません。
生徒の手と頭を動かし続けるには、絶妙な量とタイミングでヒントを与えることが重要です。
鉄能会では「覚える授業」ではなく、「自力で答えにたどり着かせる授業」を心がけています。
 
実際にヒントはあっても自分で答えにたどり着くと達成感がありますし、何より「試行」と「思考」の習慣がつきます。
賢い子を育てるためにこんなことを考えながら指導をしております。
 
鉄能会の「試行」と「思考」を育てる授業にご興味のある方は、是非一度授業を体験してみてください。

鉄能会九品仏校 教室責任者 宮田亮
HP顔写真[たて]【宮田】.jpg

受験体験記②

受験体験記を掲載いたします。

<Kさんの受験体験記>
授業で繰り返し似た問題をやったことで定着しました。先生方が最後の最後まで熱心につきそって教えてくださったことが印象的です。
成績が上がったコツは、家でその日やったことを復習することです。疲れてしまった日もあったので、全体的にざっと見るだけでも効果はありました。私の中で一番重要だと思うのは、解説をしっかり全て書き写すことです。先生方の言っていたことも書くと、見直したときにとてもわかりやすくなり、自分で作った自分だけの参考書ができます。
最後にこれから受験をする方たちへ。絶対に最後まであきらめないでください。受験前日まで学力はのびます。後悔しないように全力を尽くしてください。大事なことは「自分を信じる」ことです。

<保護者様より>
受験を終えて今思うことは「あきらめないで本当に良かった!」の一言に尽きます。
学校の合格掲示板で番号を見つけたあの瞬間、娘の驚きと安堵の入り混じった満面の笑みと目の輝きは一生忘れません。
12才にして人生の大きな試練を乗り越え、自信を取り戻した姿は親への最高の贈り物です。
思うように成績が上がらず、苛立ちとストレスで何度心が折れそうになったことか。それまでの集団塾で大量の課題と宿題で消化不良に陥り、親子ともども自信喪失し、途方にくれていたところ、鉄能会に出会いました。先生方を信頼し、学習面を全てお任せしたことが勝因です。
のんびり屋の娘を温かく導き、心身ともにサポートしてくださった諸先生方、娘に勉強する楽しさを教えてくださいまして、ありがとうございました。

だるま0228.JPG

小6で転塾してきたKさんですが、入会当初は学習の仕方を教わっていないという状態でした。
子どもは大人の声がけに対して一生懸命応えようとします。しかし、「やり方」を教わっていないと無駄な努力をしてしまいがちです。
きちんと取り組めるように指導した結果、すばらしい成長を遂げたと思います。
今後も伸びていくことを確信しております。中学校でもがんばってください!

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
池本.jpg

鉄能会九品仏校 教室責任者 宮田亮
HP顔写真[たて]【宮田】.jpg



パズル講座実施

20140601080214_1829289820.bmp
本日「パズル講座」を実施しました。
 
50分間という、小3生には少々長い時間であったにもかかわらず、皆、集中して取り組んでくれました。
 
ここで大切なことは何か。『頭を使って楽しかった』ということです。
 
鉄能会では、常に子どもたちが頭を使う授業展開をしています。ですから、子どもたちは毎回の授業
20140601080214_488247805.bmp
を楽しみにしています。
 
イベントを通じて、「頭を使うことって楽しい!」という体験をしてみませんか。

3月も2日と9日の土曜日、9:30~10:20 小3・4年生を対象とした「“思考・試行”パズル講座」を開催予定です。
 
中学受験を考えているご家庭のお子さまであれば、どなたでもご参加可能です。
お待ちしております!

 
九品仏校 宮田亮
HP顔写真[たて]【宮田】.jpg

受験体験記①

先日、受験お疲れ様会を実施しました。
入試を戦い抜いた生徒たちを心より労いました。
各ご家庭から受験の体験記を頂戴しましたので、掲載いたします。

<Sくんの受験体験記> ※原文のままです
鉄能会の先生方が生徒一人ひとりにわかりやすい指導をしていただいたので成績が上がりました。
問題が分からなかったときに質問をすると、少しずつヒントを出してもらい、最終的には問題が解けるようになっていました。
これから受験する人たちは難しい問題が出たとしても諦めず一所懸命に取り組めば合格を勝ち取れることを覚えておいてください。

<保護者様より> ※原文のままです
小5で転塾をした時、先生にお願いをしたことがありました。
受験が終わった時、勉強が楽しかったと思えるようにしたいということです。
一生懸命に目標に向かって頑張れたと思わせてやりたかったからです。

今回、全ての結果が出た時、第一志望校にご縁がなかったのに、本人から出てきた言葉は「後悔はないし、やりきれた。受験勉強は楽しかったよ。やらせてくれてありがとう」というものでした。
その言葉が聞けたことで、結果はどうあれ今回の受験は成功だった!と思えました。
そして約束どおり導いてくださった先生方にとても感謝しています。

模試の結果で不安になることもありましたが、その度に子どもの状況を教えていただき、気持ちが前に向けるようにしていただきました。
親の私の気持ちが安定していることが勉強にとっても良かったように思います。
二年間、一緒に子どもたちのことを見守っていただき、ありがとうございました。
また迷ったり、悩んだりしたときは相談にうかがうかもしれません。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

0223j.bmp ← 受験体験記原文


Sくんはこの1年、誰よりも努力しており、成長著しいものがありました。
何より学習を楽しんでいたのが印象的でした。
多くの生徒をSくんのような状態にしていきたいと強く思います。

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本健太郎
写真【池本】.jpg

低学年のうちにやっておきたいこと

賢い子どもを育てていくために、低学年のうちにやっておいたほうがよいこととは何でしょうか。
小学校では高学年に向けて漢字や計算などの基本を教えています。
大事なことですが反復が多いので、できる子にはやや退屈なときもあるようです。

後々の能力を伸ばすためにも低学年のうちには以下のことをしておきたいと考えています。
・手と頭を動かすことが大事。たくさん試行錯誤をさせ、気付く体験をさせる。
・学習が楽しいものと思わせる。適度にほめ、自力でできた感を演出する。
・時間をかけて少し難しい問題にチャレンジする。 ※難しすぎるのはNG

先日のパズル講座では小2・小3が夢中でパズルを解いている姿が印象的でした。
終了時刻が来ても「あと1枚やりたい」と時間を延長して解いておりました。
家でやりたいというので、おみやげにたくさんあげたほどです。

IMG_7953.JPG IMG_7596.JPG IMG_7601.JPG

また、大人の目から見ればもっとうまく解く方法があるのにと思うこともありますが、そこで手を出してはいけません。
失敗していく中で必ず気付くときがきます。
前期中からパズル講座に参加している子がいますが、月1回程度のイベントにも関わらず、みるみる上達していくのがわかります。

楽しいと思うからこそ、あきらめずに取り組めるのでしょうし、自ら取り組んでいれば能力も伸びていきます。
低学年のうちにこのような体験をさせておくと、粘り強く考えられるようになりますし、解法の丸暗記などではなく、自分で試行錯誤しながら問題を解いていけるようになります。

これから中学受験を考えるという低学年の方、是非一度鉄能会の学習イベントに参加してみてください。
学習の楽しさを実感していただけるはずです!

鉄能会九品仏校
教室責任者 宮田亮
HP顔写真[たて]【宮田】.jpg



「速習講座」を実施しました!

6161.PNG 6163ku.PNG

先日、九品仏校にて「速習講座(算数・国語)」を実施しました。

当イベントは、ここまでの重要単元を効率良く復習するためのダイジェスト講座になっています。

以下、今月の国語のテーマです。
説明文:指示語・接続語の働きや段落のつながり、筆者の考えの根拠を理解する
物語文:人物の性格や気持ちの理解
随筆文:主題の理解、筆者の経験と感想を分けておさえる


6162ku.PNG

国語の文章はすべてに論理が存在します。説明文の根拠までの道筋はもちろんのこと、例えば物語文でも登場人物の心情変化にはそうなるべき理由、合理的な理由があります。それをどう段階的に読み解くか、この講座でひとつひとつ噛み砕きながら理解を深めることができました。

感覚をつかんだ生徒たちは問題を解くのが面白くなったようで、講座の終了時間間際でも、「先生、次の問題はどれ!?」「どれをやるの!?」と口々に聞いてきました(笑)。

「国語・速習講座」
対象:4年生
日程:6月24日(日)9:30-10:50
※お申し込みは九品仏校または自由が丘校のHPからお願いいたします
※会場は自由が丘校となりますのでご注意ください



ぜひご参加をお待ちしています。

九品仏校・自由が丘校
副室長 廣澤達也
講師写真(廣澤).JPG

12

« 共通 | メインページ | アーカイブ | 鷺沼校 »

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。