HOME > トピックス > アーカイブ > 2015年2月

トピックス 2015年2月

『調べ学習講座』 実施しました。

新小学4年生の内部生を対象に「調べ学習講座」を150228②1.jpg
実施しました。


国語辞典に漢字字典、地図帳を用いていかに効率
よく正確に調べられるかを早引き対決やクイズ形式
を採り入れながら楽しく学んでいきました。


初めは調べることに不慣れだった生徒たちも、講座が150228②2.jpg
進むにつれてだんだんと正確に早く調べて答えにいき
つくことが出来ていました。


楽しく、抵抗感無く取り組むことが出来、今日の取り組
みで調べることの面白さと答えに行き着く楽しさを感じ
取れた様子です。


新小学4年生たちには今後も楽しく思わせる取り組み
150228②3.jpgを通じて『正しい学習習慣と手法』を身につけさせて
いきたいと思っています。


来週からも日々試行錯誤を重ねて取り組んでいきます!
練馬校 青木 隆一










新小4・新小3 パズル講座実施!

28日(土)に新小4・新小3対象のパズル講座を実施
しました。150228①1.jpg思考力や粘り強く取り組む姿勢を育成する
ことを目的とした鉄能会の恒例イベントです。
 
いつも参加の生徒、初参加の生徒それぞれが集中力
を途切らせることなく、一心不乱に、試行錯誤を重ね
ながらパズルを解いていました。

参加した生徒たち全員の講終了後の第一声が

「楽しかった!」「また来たい!」

でした。生徒一人150228①2.jpgひとりが充実した時間を過ごしたことが
よく伝わる、そんな笑顔を見せてくれていました。
 
今後もパズル講座はまだまだ続きます。パズル講座は
『無料公開講座』ですので、どうぞお気軽にご参加
下さい。
  
~3月の『思考力アップ★パズル講座』のご案内~

3月21日(土) 9:30~10:30 
150228①3.jpg対象:新小4・新小3 定員:8名(申し込み先着順)
費用:一切無料
鉄能会正会員、一般外部生の区分を問わずご参加いただけ
ます。中学受験の学習経験の無いお子様もお気軽にご参加
ください。
  
申込方法:お電話にてご予約下さい。
03-2984-2551


たくさんアタマを使って、一歩一歩賢くなりましょう!!
 練馬校 青木 隆一

「解き直し道場」を行いました!!!

本日は新小5対象の解き直し道場を実施しました。
※内部生のみの非公開講座です

解き直しはとても大事ですが、ただ解き直せというと子どもは嫌がることが多いです。0228青葉台②.jpg
一度解いたものを復習のためにしっかり解き直そうと自発的に考えてくれればよい
のですが、最初からそう考える子どもは少ないのではないでしょうか。

また、解き直しというと一番怖いのが「わかった気になる」ことです。
「これはわかっていたから大丈夫」とか「これはただのミスだし」といって
流してしまっていることがあると思います。

経験値の少ない子どもにただ解き直しをしなさいというと、もう一度解いて終了という
ことが多いのではないでしょうか。
0228青葉台③.jpg大事なことは以下の3点です。
 ①原因分析(なぜ間違えたのか)
②印象付け(自分の失敗しがちなポイントの強調など)
③解き直しとポイントのまとめ(正解するために何が重要か)

③を実施して終了という方が多いと思いますが、大事なのは①と②。
解き直しの最も重要な点はミスの再発防止にあります。

上記をふまえたうえで、指導するわけですが、黙々とやっては子どもたちも飽きて0228青葉台①.JPG
しまいます。
そこで本日はゲーム性を取り入れました。
題して「解き直し総選挙!」です。
お互いの解き直しノートを誰のものかわからない状態で確認し、投票して
 最もできの良い解き直しノートを決めるというものです。

子どもたちは大盛り上がり。自分のノートに票が入ったときは思わず
「よっしゃー!」と声をあげていました(笑)

ノートを作る段階でも他の人に見られるということで必死に作っていました。
いつも以上に丁寧に作れていましたが、いつもこのくらいの仕上がりにして
ほしいものです(苦笑)

鉄能会が最も大切にしているのは「学習=楽しい」という状態になっているかということです。

学習が楽しければ子どもは必ず伸びます。これからもさまざまな工夫をし、
子どもたちの能力を伸ばしていきます!

教室責任者 池本健太郎

受験体験記⑤

今回は戦略勝ちで横浜共立に大逆転合格を決めたYさんの体験記をご紹介します。

■生徒本人の感想(在校生へ向けたメッセージ)
つらい日や苦しい日があるかもしれません。ですが「ここへ行きたい」という気持ちをIMG_3770.jpg最後まであきらめずに一日一日を大切にすると、合格への道は開けます。
最後まで走り続けてください。指導してくださった先生方、本当にありがとうございました。
先生の授業、とても楽しかったです。

■保護者の感想
鉄能会に転塾したのは5年生の終わりごろでした。当時の娘は他塾で成績が
伸び悩み、このままでは志望校は難しい状況でした。何とか志望校合格の
希望を叶えてあげたいとの思いで鉄能会の門を叩きました。最初にご説明を
して頂いた池本先生の熱意と、鉄能会のきめ細かい指導方針について伺い
「ここだ」と考えお願いすることを決めました。

この出会いがあった事を今は本当によかtったと思っております。
娘も先生方の趣向を凝らした指導方法により楽しく勉強していたと思います。
また、娘の性格をよく分かってくださり、工夫して教えて頂きました。合格までの
道のりは決して平坦なものではありませんでしたが、最後の最後まで励まし
ご指導頂きました先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。


12月時点の偏差値は4科48(四谷大塚)でしたので、普通の塾では横浜共立を
受験させてもらえなかったことでしょう。
しかし、見事に戦略勝ちで合格を手にしました。本人のがんばりももちろんあり
ますが、受験は戦略が大切です。偏差値では決まりません。

ではどんな戦略を立てたのか、次回のトピックスで明らかにしていきますので
お楽しみに。


教室責任者 池本健太郎

受験体験記②

さて、今回も今年無事受験を終えた卒業生からのコメントを紹介します。

彼は5年生の春に転塾してきました。最初は勉強することから逃げたい雰囲気があり、
意識そのものを変える必要がありました。鉄能会での2年間は本人にとって苦しいこと
も多々あったと思いますが、最後までよく頑張りました。志望校の合格発表を塾の
パソコンで見て、自分の受験番号を見つけたとき、写真 2015-02-03 9 23 53.jpg思わず私に抱きついてきました。
本当に嬉しかったですね。今まで見たことのないとびきりの笑顔で喜んでいました。
本当におめでとう!


<受験を終えての感想>
◎本人
僕が鉄能会に入ったのは5年生の春頃でした。入塾当時はまったく勉強ができず、
とても悩んでいました。しかし、鉄能会の先生たちが勉強ができない僕にアドバイスを
してくれたおかげで、もうダメだと思った自分を何度も救ってくれました。
6年生になっても受験校の相談や、どの教科を重点的にやればいいか教えてくれました。
そのおかげで成績も伸び、見事、中学受験に成功することができました。
鉄能会の先生たちは僕がどんな危機的状況でも必ず助けてくれ、とてもうれしかったです。
これからもがんばってください。


15-02-01 都市大.bmp
◎保護者様
中学受験を本気で考え始めたのは4年生になった頃でした。大手塾に入り、中学受験の
勉強を始めましたが授業についていかれず、すっかり見捨てられたような状態になり、
やる気も自信もなくなってしまいました。鉄能会への転塾後は「国獲り合戦」など
ゲーム感覚の勉強法で楽しんで学ぶことができるようになり、やる気を取り戻すことが
できました。進路相談も本人の希望を踏まえた上で、本人の性格や校風などを考慮して
丁寧に指導していただきました。また、親には話せない辛い気持ちも先生方には話す
ことができたようです。受験の1週間前にインフルエンザにかかりもうダメかと諦めそうに
なりましたが、最後まで指導し、励ましていただいたおかげで無事に志望校から合格を
いただくことができました。本当にありがとうございました。


鉄能会 九品仏校
教室責任者 中桐 義博


PS
本日の朝日小学生新聞に鉄能会が出ています
ぜひ見てみてください。 (中桐)


<九品仏通常授業のご案内>
現在(2/19)の各学年の空き状況です。
 
□小6
・集団指導(1名枠がございます)
・個別指導(応相談)
 
□小5
・最難関受験クラス(1名枠がございます)
・難関校受験クラス(定員のため、募集停止)
・個別指導(応相談)
 
□小4
・集団指導(定員のため、募集停止)
・個別指導(応相談)

朝日小学生新聞に掲載されました!

写真 2015-02-26 10 51 50.jpg本日の朝日小学生新聞内の「2015年度中学入試 合格者・保護者インタビュー」において,
今年も鉄能会の生徒をご紹介いただきました。

校舎内に掲示してある過去の記事を見て,自分もここに載りたい,というお子様もおります
ので,毎年素敵な機会をいただいていることに感謝です。

さて,今年の1人目は慶應普通部に進学する鷺沼校の鈴木くん。

1月受験校から全勝で受験を終えることができました!

「サッカーと両立しながら,楽しく学習できた」という本人のコメントが,まさに鉄能会に通い続けた
生徒であることを証明しているようで,読んでいる我々も嬉しくなりました。

第2回は,3/19(木)の掲載予定です。
2人目は・・・見てのお楽しみですね。

新6年生以下の皆さん,先輩に続いて「学習=楽しい」を実践していきましょう!

鉄能会 統括責任者 井田


受験体験記④

今回は大逆転の合格を手にしたIくんの合格体験記です。

ちなみに12月時点の偏差値(四谷大塚)は42。
2/4に受験した東京都市大学付属(Ⅰ類)(四谷大塚・偏差値55)に合格しています。
その差13の大逆転。

本人の喜びもひとしおでした。
合格おめでとうございます!

■生徒本人の感想
もともと算数が好きだった僕は、池本先生の授業を通して、さらに算数の
0225①A.jpg面白さを知ることができました。
そして鉄能会の先生たちから授業を受ける楽しさを教えてもらいました。
入塾直後はいろいろな種類のパズルをやらせてもらって「今日はどんな
パズルをやるのかな?」と塾に行くのが楽しみでワクワクしていました。
受験が近づくにつれ、苦しくなって逃げ出してしまいたいと思うときもあり
ました。苦しい中でも、鉄能会には楽しさがあり、楽しさがあったから、
僕は最後まで頑張ることができました。諦めずに頑張ることができたから
志望校に合格することができました。ありがとうございました。

■保護者の感想
息子が鉄能会にお世話になったのは、5年生の夏頃で、青葉台校の開校と0225②A.JPG
同時でした。それまで息子は中学受験の勉強を本格的にしたことがなく、
大手塾では遅れを挽回するのは無理があると思い、少人数制できめ細や
かな指導の鉄能会に入塾を決めました。決して勉強が好きとはいえない
息子が頑張っている姿を見るたびに、塾が楽しいから頑張れるのだと実感
.しておりました。シールにつられてやっていたことが、いつのまにか学ぶこと
の楽しさを知ることになっていたように思えます。息子の個性をよく理解して
下さった上での手厚いご指導で、無事、志望校合格を手にすることが出来
ました。お世話になった先生方お一人おひとりに心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。



逆転勝利を手にしたことは奇跡やまぐれではありません。子どもの性格や
特徴に合わせ、必要な指導をしていった結果だといえます。鉄能会の強みが
見事に発揮されたお子様でした。

これからも頑張ってくださいね!

教室責任者 池本健太郎

祝日に隠された秘密?~小5難関校チャレンジ講座~

新小学5年生対象に「難関校チャレンジ講座 社会」を行いました。
 
慶應中等部の問題に「祝日」についての問題がありました。文章のヒントから何の日で、それがいつなのかが問われている問題です。
 
祝日は子どもたちにとって学校がお休み、どこかに出かけられるなど嬉しい反面、その日が何の日なのかあまり意識していないようです。案の定、何の日でそれがいつなのか思い起こすのに悪戦苦闘していました。
 150224②1.jpg答え合わせの際には「あー、そんな日もあったね!」など一同すっきりした様子です。
 
さて、大事なのはここからです。入試に無い問題を生徒たちに投げかけます。
 
【生徒たちに問題】
「成人の日」や「敬老の日」、「体育の日」など何日と決まっていない祝日も結構あります。しかもそれらは○○週の月曜と「月曜」に設定されています。何かねらいがありそうです。どんなねらいがあるのでしょう?

 
これにはさらにアタマを悩ませます。最初は敢えてヒント無しで考えさせますが、少しずつヒントを与えていきます。
 150224②2.jpg「休みが飛び飛びだと出来ないことは?」
「逆に休みが続くと家族で何か出来ることは?」

 
⇒ここで「旅行にいける」「遠くまで出かけられる」ということに気がつきます。さらに・・・
 
「連休が増え、出かける家族、旅行する家族が増えるとどんな人たちが喜ぶ?」
 
⇒ここまでくるとだんだん全体が見えてきたようです。
 
150224②3.jpg「ホテルや旅館が儲かる」
「お土産屋や飲食店が儲かる」
「そこで働く人たちが儲かれば、その人たちがまた違うところでお金を使う、そうすれば周りの人も儲かる」

  そう、景気対策が狙いの一つであることに気がついたのです。答えに辿り着き参加生徒たちは嬉しそう!
 
物事には必ず「理由」や「ねらい」があるということ、祝日一つとってもきちんとねらいがあるのです。
 
社会科の授業では子どもたちに物事に対する考え方や捉え方を伝え、育てています。ただ知識を覚えるだけが社会科ではありません。
 
因みにこの日はもう一つ別の学校の入試問題を用いて違った物の考え方や捉え方を学びました。そのご紹介はまたいずれ。
 
練馬校 青木 隆一

笑顔の卒塾式

2月22日の日曜日、練馬校にて卒塾式を行いました。
卒塾生たちは全員笑顔。それぞれが晴れやかな表情で式に参加をしてくれました。
150223①.jpg 
卒塾証書授与に、卒塾生同士でメッセージを添えた色紙交換、その他「鉄能会卒塾最終試験」(試験といいながら実は教室にまつわるクイズです。)や「立体四目並べトーナメント戦」など2時間があっという間の楽しい卒塾式となりました。
 
保護者の方々にも校舎に足をお運びいただき、感謝のお言葉を多数頂戴致しました。保護者の皆様にはこれまで鉄能会の指導方針にご理解とご協力を頂きまして誠にありがとうございました。
この場を借りましてあらためて御礼申し上げます。
150223②.jpg

 
【最後に卒塾生諸君にメッセージ】
 
中学受験、本当にお疲れ様でした。
これまで学んできたこと、身につけてきたことは全て今後に活かせることばかりです。これからも常に『プラス思考』で、そして『チャレンジ精神』を忘れずに『楽しみながら』
取り組んで下さい。


 
1502233.jpgあとはいつも君を支えてくれている家族や友人、学校の先生に対する『感謝』の気持ちも忘れないで下さい。これから君を支えてくれる人々に対しても常に『感謝』の心を忘れずにいて下さい。
 
君たちの中学・高校での活躍と成長を期待しています。中学校での最初の成績表を見せに来て下さいね、楽しみにしています!!

 

練馬校 講師一同

受験体験記①

新学年が始まりはや1ヶ月が経とうとしています。
5、6年生はもちろんですが、新4年生の生徒たちもいよいよ始まった受験勉強に、戸惑いながらも日々頑張ってくれています。

さて、今年の入試を終え、通ってくれていた生徒たちや保護者様からいろいろな感想を頂いているのでご紹介していきたいと思います。


<受験を終えての感想>
◎保護者様
鉄能会でお世話になった期間、勉強は全て先生方にお任せし、私にできる事は送迎や体調管理だけだったように思います。
鉄能会流の勉強スタイルで、娘は受験生であることを楽しみながら自分らしく受験に挑み充実した毎日を送ることができました。
入試直前、絶望感でいっぱいな時も塾に行けば励ましあいながら学び合える仲間、そして信頼している先生がいて、メンタル面でもたくさん支えられていました。
試験当日の寒い中、応援に来てくださった先生の熱意に大変感謝しております。
受験番号を見つけたときの喜びと安堵感は忘れられません。
この受験でいくつもの壁にぶつかり乗り越えてこれた力は娘にとって何よりの成長です。この経験を生かし自分の道を切り開いていってもらいたいです。

◇中桐より
受験お疲れ様でした。彼女は本当に楽しそうに塾に通ってくれていました。「塾に行きたいのにママが送ってくれない!」と怒っていときは思わず笑ってしまいました。そして最後の2ヶ月間の追い込みはすごかった。弱点克服のための課題を次々にこなしていく。とってもかっこよかったですよ(笑) 志望校合格!本当におめでとう!

鉄能会 九品仏校
教室責任者 中桐 義博


PS
ホームページが新しくなりました。
心機一転更新頑張ります!! (中桐)


<九品仏通常授業のご案内>
現在(2/19)の各学年の空き状況です。
 
□小6
・集団指導(1名枠がございます)
・個別指導(応相談)
 
□小5
・最難関受験クラス(1名枠がございます)
・難関校受験クラス(定員のため、募集停止)
・個別指導(応相談)
 
□小4
・集団指導(定員のため、募集停止)
・個別指導(応相談)


12345

« 2015年1月 | メインページ | アーカイブ | 2015年3月 »

このページのトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。